ニュース

BIGMAMA、ニュー・アルバムをリリース&「誰が為のレクイエム」先行配信 全国ツアー開催

BIGMAMA(Rock)   2019/10/18 13:41掲載
はてなブックマークに追加
BIGMAMA、ニュー・アルバムをリリース&「誰が為のレクイエム」先行配信 全国ツアー開催
 ロック・バンドのBIGMAMAが、10月17日に開催された〈Roclassick tour 2019〉ツアー・ファイナル公演にて、ニュー・アルバム『Roclassick〜the last〜』を12月18日(水)にリリースすることを発表。発売に先駆け、収録曲「誰が為のレクイエム」が10月18日(金)より先行配信されます。あわせて、アルバムのティザー映像がYouTubeにて公開されています。

 東京・渋谷 CLUB QUATTROで開催されたファイナル公演は、ロックとクラシックの融合をテーマとしたBIGMAMAの代表的コンセプト・アルバム『Roclassick』シリーズを中心に構成。ドヴォルザーク「交響曲第9番“新世界より”」をアレンジした「荒狂曲“シンセカイ”」 、ベートーヴェン「運命」から「虹を食べたアイリス」、パッヘルベル「カノン」からは「計算高いシンデレラ」など、誰もが知るクラシック音楽の歴史的フレーズを融合し、ヴァイオリニストを要するバンドBIGMAMAだから出来る巧みなロック・アレンジで作り上げられた代表曲が惜しみもなく演奏されました。

 ヴェルディのレクイエム「怒りの日」をモチーフとした先行配信楽曲「誰が為のレクイエム」は、荘厳な幾重もの音の重なりと緻密な旋律が混ざり合った、これまでの『Roclassick』作品の中でも圧倒的な重厚さと繊細さを兼ね備えた作品となっています。また、シリーズ最新にして最終章となる『Roclassick〜the last〜』には、「誰が為のレクイエム」を含む全7曲を収録。詳細については後日発表されます。なお、先行配信曲も含めた今作のアートワークはイラストレーターの山代エンナが手掛けています。

 BIGMAMAは、12月25日(木)に東京・赤坂 mynavi BLITZ AKASAKAで〈Roclassichristmas〉を開催。さらに、2020年1月30日(木)千葉・LOOKを皮切りに27ヶ所をまわる大規模な全国ツアー〈Roclassick Tour 2020〉を開催します。なお〈Roclassick Tour 2020 -the Last of the Last-〉とサブタイトルが付けられたツアー・ファイナルは、バンド名にちなんだ記念日である“母の日”の2020年5月10日(日)に東京・お台場 Zepp Tokyoにて行なわれます。

拡大表示


■2019年10月18日(金)配信開始
BIGMAMA
「誰が為のレクイエム」

bigmama-web.com/news1

■2019年12月18日(水)発売
BIGMAMA
『Roclassick〜the last〜』


[収録曲]
誰が為のレクイエム
ほか全7曲を収録
※詳細は後日発表

BIGMAMA Roclassichristmas
bigmama-web.com/schedule/roclassichristmas

BIGMAMA Roclassick Tour 2020
bigmama-web.com/category/news
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015