ニュース

ビル・フリゼール、18年ぶりのソロ・アルバム『ミュージック・イズ』を3月に世界同時リリース

ビル・フリゼール(Bill Frisell)   2018/02/13 12:27掲載
はてなブックマークに追加
ビル・フリゼール、18年ぶりのソロ・アルバム『ミュージック・イズ』を3月に世界同時リリース
 米ギター界の重鎮ビル・フリゼール(Bill Frisell)が、ペトラ・ヘイデンと共演した前作『星に願いを』(2016年)に続き、OKehレーベル第4弾となる最新作『ミュージック・イズ』(SICP-31111 2,600円 + 税)を3月16日(金)に全世界同時発売。

 『ミュージック・イズ』は、2000年に発表した『ゴースト・タウン』以来18年ぶりとなるソロ・ギター・アルバム。フリゼールが「ソロでやるのは、つねに挑戦」と語る意欲作です。録音は昨年8月にオレゴン州ポートランドのタッカー・マーティーン所持スタジオ“フローラ・レコーディング・アンド・プレイバック・スタジオ”で行なわれ、長年タッグを組むリー・タウンゼントがプロデュース。

 信頼する仲間のサポートを得て完成した本作について、「僕にとって音楽はつねに、人とどうやって一緒にやるかだから、会話をするようなもの。コール・アンド・レスポンス。一人きりで演奏するのはまるで異次元だよ。考え方をかなり変えないといけない。今回のレコーディングに先立って、ニューヨークのザ・ストーンで1週間ライヴをしたんだ。毎晩、今までやったことのない曲をやってみた。意図的に自分が少し不安定な状態をキープしていた。居心地悪い、不安な感じだ。安全だとわかっていることに甘んじたくなかった。その流れをスタジオにそのまま持ち込めればと思った。事前に全部計画を立てておくのは嫌だったんだ」とコメントしています。

 また、「自分が作った曲をレコーディングしたいというのは、最初からはっきり思っていたこと。ここ数年、他の人が書いた曲のプロジェクトがとても多かった。でも、そろそろ自分の音楽に戻る時だったんだ。このアルバムに収録しているのは新作もあれば、かなり昔のものもある。50年以上、ひたすら音楽をやってきた。理解しつくすことはない。年をとることのすごいところは、はるか昔に聴いたり演奏したりしたものを再訪できること。つねに新たな発見や発掘がある。新たな道が開けてくる。本当に運が良ければ、それまでの道中で何か習得できたものがあったことに気付くかもしれない。そういう長焦点レンズを通して自分の音楽を眺めるのは、不思議なものだよ」と語るように、収録曲はキャリア初期のものから書き下ろし新曲まですべてオリジナル。日本盤にはボーナス・トラック1曲が追加収録されます。

■2018年3月18日(金)発売
ビル・フリゼール
ミュージック・イズ

SICP-31111 2,600円 + 税

[収録曲] 
01. プリティ・スターズ
02. ウインスロウ・ホーマー
03. チェンジ・イン・ジ・エアー
04. ワット・ドゥ・ユー・ウォント
05. サンクフル
06. ロン・カーター
07. シンク・アバウト・イット
08. イン・ライン
09. ランブラー
10. パイオニアズ
11. モニカ・ジェーン
12. ミス・ユー
13. ゴー・ハッピー・ラッキー
14. ケンタッキー・ダービー
15. メイド・トゥ・シャイン
16. ランブラー(オルタネイト・ヴァージョン) *
17. ウェア・ドゥ・ユー・ゴー?
*日本盤ボーナス・トラック
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴動祭』[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015