ニュース

プレスリーとも共演した101歳のウクレレ・マスター、ビル・タピアのライヴ盤

ビル・タピア(BILL TAPIA)   2009/09/18 14:47掲載
はてなブックマークに追加
プレスリーとも共演した101歳のウクレレ・マスター、ビル・タピアのライヴ盤
 エルヴィス・プレスリールイ・アームストロングビリー・ホリデイら超大物ミュージシャンたちとも共演したこともある、世界最高齢(101歳!)のウクレレ・マスター、ビル・タピア(Bill Tapia)。彼のアルバム『YOUNG AT HEART〜Bill Tapia Japan Live』(VICP-64771 税込2,800円)が10月21日にリリースされます。

 1908年1月1日にハワイ・ホノルルで生まれた彼は、ウクレレの創始者の一人、マニュエル・ヌネスの工房の近所に住んでいたことがきっかけでウクレレを始め、10歳でプロ・ミュージシャンに。22歳からはメインランドに渡り、ジャズやハワイアン・スウィングが主流だったハリウッドのミュージック・シーンでジャズ・ギタリストとして活躍し、ウクレレでジャズを演奏する第一人者となりました。90年を超える長いキャリアで築き上げられたテクニックやセンスは圧倒的。今回のアルバムは、今年の夏に奇跡の来日を果たした際の公演をレコーディングしたものです。日本では、ウクレレ愛好家の関口和之氏(サザンオールスターズ)も絶賛しています。100歳を超えてもなお、盛んなモチベーションを持つ彼の演奏をぜひお試しあれ。


※10月21日発売
ビル・タピア
『YOUNG AT HEART〜Bill Tapia Japan Live』
(VICP-64771 税込2,800円)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015