ニュース

BTS、特別使節として国連総会で演説し全世界に未来世代の声を伝える パフォーマンスも披露

BTS(防弾少年団)   2021/09/21 16:37掲載
はてなブックマークに追加
BTS、特別使節として国連総会で演説し全世界に未来世代の声を伝える パフォーマンスも披露
 「世の中が止まったと思っていましたが、少しずつ前に進んでいます。すべての選択は変化の始まりだと信じています」

 BTSが「未来世代と文化のための大統領特別使節」の資格で第76回国連総会に出席し、未来世代の考えを全世界に伝えました。

 BTSは9月20日午後9時(米国時間午前8時)に開催された国連総会特別行事「持続可能な開発目標(SDGs)モーメント」の開会セッションで、青年と未来世代を代表して演説者として出席しました。

 2018年と2020年に続き、今年で3度目の国連で演説をすることになったBTSは、今回は未来世代の声そのものを全世界に伝えるメッセンジャーの役割を自任しました。 国連総会でメンバー全員が韓国語で演説しました。

 BTSは国連総会に出席する前に公式SNSで「皆さんにとって、過去2年はどうでしたか、今はどんな世界を生きていますか?」と尋ね、未来世代についての声を聞きました。世界中からさまざまなエピソードが殺到し、BTSはSNSを通して送られてきた写真や書き込みを紹介し、未来世代に代わって声を上げました。

 国連総会で開かれた「持続可能な開発目標(SDGs)モーメント」の開会式で演説した文在寅大統領の紹介を受けて壇上に上がったBTSは、自然と共存する姿を撮った写真、気候変動など環境に対する未来世代の考え、新しい方法で友達に会い勉強を始め、より健康に生きていくために努力する人々の話などを紹介しながら共感し、感嘆しました。

 BTSは勇気を出して挑戦している未来世代の話に「コロナによる『ロストジェネレーション』ではなく、『ウェルカムジェネレーション』という名前がふさわしい。変化に怯えるよりはウェルカムと言いながら前に進んでいく世代という意味」と強調しました。彼らはワクチン接種の重要性についても言及し、「すぐに顔を合わせて会える日も遠くない」とし、「すべての選択は変化の始まりだ。新たに始まる世の中でお互いに“ウェルカム!”と言いたい」と演説を締めくくりました。

 BTSは演説に続きパフォーマンスも披露し、世界の人々の注目を集めました。メンバーたちは国連総会の会場からスタートし、総会ロビー、庁舎入口、芝生の広場を次々と歩き回りながら7月9日に発売した「Permission to Dance」を熱唱しました。

 黒いスーツ姿のBTSは、終始明るく軽快なパフォーマンスを披露しました。特に7人のメンバーがそれぞれ違う国連庁舎の出入り口から野外に舞台を移した後には、「Permission to Dance」特有の自由奔放ではつらつとした魅力がいっそう際立ちました。

 芝生の広場で繰り広げられた曲の後半部には数多くのダンサーたちが参加して、華麗な見どころが満載となりました。BTSはダンサーたちと一緒に「楽しい」、「踊ろう」、「平和」を意味する国際手話を活用した振り付けで第76回国連総会の頂点に達しました。

拡大表示


拡大表示


拡大表示

(P)&(C)BIGHIT MUSIC

BTS official site
bts-official.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015