ニュース

BUMP OF CHICKEN、2年8ヵ月ぶりの有観客ライヴ開催 結成25周年を3万人と祝う

BUMP OF CHICKEN   2022/07/04 13:03掲載
はてなブックマークに追加
BUMP OF CHICKEN、2年8ヵ月ぶりの有観客ライヴ開催 結成25周年を3万人と祝う
 2022年7月2日、3日にBUMP OF CHICKENの有観客ライヴ〈BUMP OF CHICKEN LIVE 2022 Silver Jubilee at Makuhari Messe 02/10-11〉の振替公演が開催されました。

 BUMP OF CHICKENにとっての有観客ライヴは、2019年に行われた〈aurora ark〉以来、実に2年8ヵ月ぶり。本来ならば、2月10日と11日という結成26周年記念日前夜と記念日当日に行われるはずだった2デイズのライヴでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、一旦延期。状況が落ち着いてきた7月2日と3日にメンバーの地元である千葉県の幕張メッセにて開催されました。

[ライヴ・レポート]
 藤原基央(Vo)、増川弘明(G)、直井由文(B)、升秀夫(Dr)という4人が登場すると、興奮に満ち溢れた大きな拍手が巻き起こる。粒子がきらめくような神秘的なイントロが聴こえ、オーディエンスが腕につけたPIXMOBが光り、1万5千人の拳が一斉に上がる。1曲目は「アカシア」だ。藤原の声はとても伸びやか。バンドの演奏はとてもタイトで呼吸が合っていて、この日にみっちりと照準を合わせてきたことがわかる。藤原が間奏で「やっと会えた」と口にする。さらに場内の空気が熱を帯びる。

 続いて、陰影の深いアンサンブルが貫くハードなロックナンバー「Hello,world!」のアンサンブルに突入。藤原は歌詞の一部を「ハロー どうも 君はここ」に変えて歌い、たくさんの聴き手と再会できたことへの喜びをさらに溢れさせる。その後、2022年3月にApple Musicが提供する空間オーディオ対応で再レコーディングしたことも記憶に新しい代表曲「天体観測」を披露。増川が嬉しそうに歌詞を口ずさみ、藤原が歌う隣でチャマが誇らしげに右手を掲げ、オーディエンスとの一体感をさらに高める。20年以上もの間、何度となく繰り広げられてきた光景だが、2022年7月2日という日に老若男女幅広い層で埋まった幕張メッセで熱狂を持って迎え入れられている様を見ると、「天体観測」という楽曲、引いてはBUMP OF CHICKENの楽曲の普遍性の高さに改めて驚嘆してしまう。

 藤原が口を開く。「世の中がこういう状況になっちゃう前に、我々のライブで君たちが歌ってくれていた部分があるよね。そこはそのままにしておきたいと思います」。ライブができない時期を経て、こうやってライブができる状況は戻ってきたが、BUMPのライブでも欠かせないコミュケーションのひとつである大きな声を出してのコール&レスポンスはまだできない状況だ。オーディエンスの悶々とした気持ちを藤原の言葉がすっと安心感に変える。

 「なないろ」「宇宙飛行士への手紙」「arrows」「Small world」「銀河鉄道」──。時期もサウンドアプローチもバラバラの楽曲を演奏し、26年間で培った頼もしい振れ幅を見せつけていく。ファーストアルバム『FLAME VEIN』に収録されている最初期の楽曲「リトルブレイバー」も演奏された。シングル曲、アルバム曲、カップリング曲関係なく、様々な時期の様々なアプローチの楽曲で構成されたセットリストからは、「この大切な日に届けたい曲は何か?」という非常にピュアな思いを感じた。

 アンコールではまず、最新曲「クロノスタシス」を披露。シンセとギターを軸にした隙間の多いやわらかいタッチのエレクトリックサウンドで、またひとつBUMPサウンドが更新された楽曲だ。藤原が「『クロノスタシス』や『Small world』より前に書いた世の中に出していない曲をやります」と言って、未発表曲「木漏れ日と一緒に」を演奏するという嬉しいサプライズもあった。そして、藤原が17歳の時に書いた「BUMP OF CHICKENのテーマ」で締め括られるというスペシャルな流れ。「へなちょこバンドのライブにいこう」というフレーズから始まり、「あぁ 僕らは君をベッドから引きずり出して 手を繋ぐため 魔法をかけた へなちょこの4人組」というフレーズで終わるバンドのテーマソングだ。この曲が生まれてから26年が経ち、“君”の数は格段と増えたが、その“魔法”の効力は少しも衰えないまま、輝きを増し続けている。ステージ上の4人と満員のオーディエンスが一緒くたになって音楽を楽しむ様は、音楽によって生まれた“繋がり”を確かに証明していた。

 「ありがとう!」と叫びながら手を振って増川、チャマ、升がステージを去った後、ひとり残った藤原は、ステージに誇らしげに掲示されたBUMP OF CHICKENのエンブレムに目線を送りつつ、「絶対みんなに、この看板に、こいつの誕生日に出席してもらいたかったんだ」と、26年間守り続けてきた大切な看板への想いと感謝の気持ちを口にした。「僕はひとりでスタジオで曲を書いてるわけですけど、その曲はいつか君たちの耳に届くんだっていう未来を、君たちが25年かけて僕に教えてくれました。それは25年やってきた中での大切な宝物みたいな経験値です。本当にどうもありがとう。これからもよろしくお願いします」。熱のこもった長い長い拍手が送られ、ライブは幕を閉じた。

 また、2日間のライブ終演後、7月3日夜、ショート・ムービー・プラットフォーム「TikTok(ティックトック)」にて公式アカウントが開設された。公式アカウントでの記念すべき一投稿目は、幕張メッセで開催されたライブ〈BUMP OF CHICKEN LIVE 2022 Silver Jubilee at Makuhari Messe 02/10-11〉の映像となっており、当日のライブの模様を垣間見ることができる。

 公式アカウント開設にあわせ、BUMP OF CHICKENがこれまでリリースした全楽曲が7月3日より解禁(※既配信楽曲含む)となった。これにより、バンドの代表曲である「天体観測」をはじめとした数々の大ヒットシングルを含む、BUMP OF CHICKENがこれまでリリースしてきた全楽曲を使い、動画が投稿できるようになった。TikTokアプリ内の楽曲ページでは、今回のライブ開催・公式アカウント開設・楽曲解禁を記念し、BUMP OF CHICKENの楽曲のみを厳選した「BUMP OF CHICKENプレイリスト」が展開されている。

 さらに、Hulu独占で、今回実施された〈BUMP OF CHICKEN LIVE 2022 Silver Jubilee at Makuhari Messe 02/10-11〉の後日配信(8月14日[日]18:00〜)が決定した。約2年半ぶりとなる有観客でのライブパフォーマンスを楽しんでほしい。チケット情報はHuluのホームページで確認を。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

写真: 横山マサト、立脇卓

BUMP OF CHICKEN LIVE 2022 Silver Jubilee at Makuhari Messe 02/10-11
2022年2022年7月2日(土)、3日(日)
千葉 幕張メッセ

[セットリスト]
〈DAY 1〉
01. アカシア
02. Hello,world!
03. 天体観測
04. なないろ
05. 宇宙飛行士への手紙
06. arrows
07. Small world
08. 銀河鉄道
09. リトルブレイバー
10. 乗車権
11. Aurora
12. ray
13. オンリーロンリーグローリー
14. メーデー

En-01. クロノスタシス
En-02. 木漏れ日と一緒に
En-03. BUMP OF CHICKENのテーマ

〈DAY 2〉
01. アカシア
02. Hello,world!
03. 天体観測
04. なないろ
05. ギルド
06. イノセント
07. Flare
08. 銀河鉄道
09. リトルブレイバー
10. 才悩人応援歌
11. Aurora
12. ray
13. ファイター
14. メーデー

En-01. クロノスタシス
En-02. 木漏れ日と一緒に
En-03. ガラスのブルース
En-04. くだらない唄

〈BUMP OF CHICKEN LIVE 2022 Silver Jubilee at Makuhari Messe 02/10-11〉Hulu 配信情報
解禁・販売開始: 7月4日(月)AM 4:00
ライブ配信: 8月14日(日)18:00 開演
見逃し配信: ライブ配信終了後、準備が整い次第〜8月28日(日)23:59
※販売終了は8月28日(日)21:00まで
視聴料金: 3,300円(税込)
購入URL: bit.ly/3nv4XlM

BUMP OF CHICKEN official TikTok
tiktok.com/@boc_official_
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015