ニュース

エレクトロ・シューゲイザーの名盤を生んだマニトバが改名!

カリブー(マニトバ)   2004/10/08掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 MORR MUSICのGuitarやフランスのM83とともに、エレクトロニカ側から轟音ギター系インディ・ロックのムーヴメント“シューゲイザー”へと接近したサウンドを表現する、カナダのマニトバ(Manitoba)。シューゲイザーの匂いを感じるエレクトリック・ホワイト・ノイズに、ひしゃげたフェイク・ジャズまでも盛り込んだソフト・サイケを絶妙に混ぜ合わせ、そこにUKロックからの影響感じる甘いメロディをプラスさせた2ndアルバム『アップ・イン・フレイムス』(写真)で世界各国から絶賛の嵐を浴びたマニトバですが、どうやら、今後は“マニトバ”と名乗ることが出来なくなってしまったそうです。

 事の始まりは、その後にマノウォーを結成するロス・ザ・ボスが在籍していたことでも知られるUSパンク・バンド、ディクテイターズ(The Dictators)の元ヴォーカリスト、ハンサム・ディック・マニトバ(Handsome Dick Manitoba)が“マニトバ”という名称について商標権侵害に当たるとして裁判所に訴えたこと。その後、今までハンサム・ディック・マニトバが“マニトバ”名義で作品を発表したことがないにも関わらず、なぜか裁判所がハンサム・ディック・マニトバの主張を認めてしまったため、“マニトバ”名義での活動が出来なくなってしまったそうです。

 マニトバことDan Snaithは仕方がないので、今後は“Caribou”と名乗ることにしたそうで、公式HPもwww.caribou.fmへとリニューアル・オープン。また、今までリリースしてきた2枚のアルバム(『Start Breaking My Heart』『アップ・イン・フレイムス』)も“Caribou”名義でリリースし直す計画があるそうです。こんなゴタゴタがあると「レコーディングなんかやってられるか!」となりそうですが、彼は現在『The Milk of Human Kindness』と題された“Caribou”名義としては初となるニュー・アルバムを制作中。日本語に訳すと“人情”となるアルバム・タイトルが泣かせる新作、早く聴きたいものですよね?
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015