ニュース

Charaの新作『Sympathy』に岸田 繁(くるり)、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)が参加

CHARA   2017/06/21 17:11掲載
はてなブックマークに追加
 昨年デビュー25周年を迎え、精力的な活動を続けるCharaが7月19日(水)に新作アルバム『Sympathy』を初回生産限定盤(2CD KSCL-2924〜25 3,500円 + 税)と通常盤(CD KSCL-2926 3,000円 + 税)の2形態で発売。Kan Sanomabanuaほか“共感 / 共鳴”するゲストを多数迎えているこのアルバムに、新たに岸田 繁くるり)、ケンモチヒデフミ水曜日のカンパネラ)の参加が発表されています。

 岸田をゲストに迎えた「Tiny Dancer」では、Charaが歌詞を、岸田が作曲とサウンド・プロデュースを担当。Charaは、夢であった“歌詞からメロディを作る作業”が実現したというこのコラボレートについて、「歌詞をほとんど崩さずに活かされた形で作ってもらって、嬉しかったです。尊敬するミュージシャンは?と聞かれたら、岸田君かなーと言うと思いますね」とコメント。岸田は「素敵な音楽家である彼女は優れたプロデューサーであり、凄く才能のあるアーティスト、そして、とても歌の上手い人だと思いました。人となりも、愛溢れる素敵な方です」と語っています。CharaのオフィシャルYouTubeチャンネルでは、レコーディング風景を収めたトレーラーを公開中。

 一方、ケンモチヒデフミは「Herbie」の作詞曲&サウンドプロデュースを担当。“Charaの夏ソング”をイメージして制作したというこの楽曲について、「ゆったりのれて、まったり浸れるダンスチューン。そこにチャラさんからリクエストであった“ポンポンした音”をちりばめて、弾むような柔らかな曲を作りました」とコメントを寄せています。

拡大表示


■2017年7月19日(水)発売
Chara
『Sympathy』

初回生産限定盤 2CD KSCL-2924〜25 3,500円 + 税
通常盤 KSCL-2926 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Tiny Dancer
Music: 岸田 繁 / Lyrics: Chara / Co-production: 岸田 繁
02. Stars☆☆☆
Music & Lyrics: Chara / Co-production: mabanua
※江崎グリコ「ビスコ」CMソング

03. Sympathy
Music & Lyrics: Chara / Co-production: 皆川真人
※大塚製薬「ファイブミニ」CMソング

04. Mellow pink
Music & Lyrics: Chara / Co-production: Kan Sano
05. Funk
Music: Chara / Lyrics: HIMI
06. Love pop
Music: 野村陽一郎 / Lyrics: Chara / Co-production: 野村陽一郎
07. Herbie
Music: ケンモチヒデフミ / Lyrics: Chara, ケンモチヒデフミ / Co-production: ケンモチヒデフミ
08. Symphony feat.mabanua
Music: mabanua / Lyrics: Chara / Co-production: mabanua
E.Guitar: TAKU(韻シスト)

09. Intimacy
Music & Lyrics: Chara, BASI(韻シスト) / Co-production: kensukeushio(agraph)
10. Darling Tree
Music: Chara, TAKU, mabanua / Lyrics: Chara / Co-production: mabanua
E.Guitar: TAKU(韻シスト)

11. KILIG
Music & Lyrics: Chara / Co-production: KanSano
12. Sweet Sunshine
※渋谷マークシティ「Singing Christmas 〜私色を奏でよう〜」タイアップソング
Music & Lyrics: Chara / Co-production: 皆川真人

13. 小さなお家
Music & Lyrics: Chara
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015