ニュース

Charaが約1年半振りとなるニュー・アルバム『Baby Bump』をリリース

CHARA   2018/12/19 12:02掲載
はてなブックマークに追加
Charaが約1年半振りとなるニュー・アルバム『Baby Bump』をリリース
 1991年のデビュー以降、一貫して“愛”をテーマに曲を作り歌い続けているCharaが、約1年半振りとなるニュー・アルバム『Baby Bump』を初回限定盤(2CD UMCK-9983〜4 4,000円 + 税)と通常盤(CD UMCK-1614 3,000円 + 税)の2形態で12月19日(水)にリリース。

 『Baby Bump』は、“愛を身ごもる”をテーマにした歌詞の世界観と、Charaのルーツでもあるソウルやダンス・ミュージックを今まで以上に意識し、融合させたアルバム。Kai Takahashi(LUCKY TAPES)やTENDRE、Gakushi、mabanuaSWING-Oなどをサウンド・プロデューサーに迎え、バラエティ豊かなChara流ダンス・ミュージックが詰まった秀逸な一枚となっています。

 またリリース前日の12月18日には、このアルバムの発売を記念したイベント〈ELLE X Chara Holy Bumpy〉を東京・渋谷 Contact Tokyoにて開催。アルバムに参加しているmabanuaや音楽仲間でWONKHikaru ARATAらがDJで出演し、Charaのヘア・スタイルを模したドラッグ・クイーンが登場するなど、華やかな雰囲気の中でイベントは行われました。独創的な髪形と衣装で登場したCharaは「アルバムのリリース・イベントに来てくれてありがとう! みんなとも近いので一緒に踊ろう!」と叫び、mabanuaのDJの途中でステージに上がり、新曲「愛のヘブン」を1コーラス歌唱したり、会場内をドラッグ・クイーンと練り歩き、来場者と写真を撮ったり踊ったりと、約400人のファンとの交流を楽しみました。



■2018年12月19日(水)発売
Chara
『Baby Bump』

初回限定盤 2CD UMCK-9983〜4 4,000円 + 税
通常盤 CD UMCK-1614 3,000円 + 税

[収録曲]
01. Pink Cadillac
02. Chocolate Wrapping Paper
03. Baby Bump 〜Intro〜
04. Baby Bump
05. 愛のヘブン
06. Twilight
07. Cheek to Cheek
08. Cat
09. 赤いリンゴ
10. Everybody Look
11. 小さな愛の工場

[初回限定盤DISC2収録予定内容]
2018年7月4日、5日にBlue Note Tokyoで行われた〈Shut Up And Kiss Me! 〜Sweet Soul Sessions Supreme〜〉のライブ音源を収録
01. hug Intro〜Junior Sweet
02. なぜ笑ってるのかな
03. ミルク
04. ボクにうつして〜Tiny Dancer
05. せつなくてごめんね
06. Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜
07. やさしい気持ち
08. Call me
09. Heaven
10. 愛の絆〜hug Outro

Chara Live Tour 2019
“Baby Bump”

charaweb.net/live

1月19日(土)大阪 Zepp Namba
1月20日(日)愛知 Zepp Nagoya
1月26日(土)福岡 Zepp Fukuoka
1月27日(日)岡山 YEBISU YA PRO
2月1日(金)東京 Zepp Tokyo
2月2日(土)東京 Zepp Tokyo
2月9日(土)宮城 仙台PIT
2月10日(日)石川 北國新聞赤羽ホール
2月16日(土)北海道 PENNY LANE 24

前売 6,800円(税込)
※全席指定(岡山、北海道公演はオールスタンディング)
※石川公演以外、ドリンク代別途必要

[チケット]
一般発売: 2018年12月15日(土)より
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015