ニュース

チャーチズが水曜日のカンパネラをフィーチャーした新曲MVを公開

チャーチズ(CHVRCHES)   2018/08/06 12:44掲載
はてなブックマークに追加
チャーチズが水曜日のカンパネラをフィーチャーした新曲MVを公開
 〈FUJI ROCK FESTIVAL’18〉で、最終日ホワイト・ステージのトリを務めたチャーチズ(Chvrches)が、水曜日のカンパネラをフィーチャーした新曲「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」のミュージック・ビデオを公開しました。

 この楽曲は、チャーチズが今年5月に発表したアルバム『ラヴ・イズ・デッド』と同時に制作し、水曜日のカンパネラにオファーしたもの。ミュージック・ビデオは、アニメーション作家の山元隼一(『ポプテピピック』「ニンジャバットマン」)が監督、今津良樹(「Ringing City」「モフモフィクション」)がアートディレクターをそれぞれ務めました。また、「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」は9月に発売を予定している『ラヴ・イズ・デッド』のデラックス・エディションに収録されます。

私たちチャーチズにとって日本はつねに特別な場所であり続けていて、そんな日本のファンに向けてこの特別な楽曲を届けられることをとても嬉しく思います。コムアイさんは力強く個性的な声を持っていて、彼女の一個人としての立ち振る舞いを私はとても尊敬しています。そんな彼女が、楽曲のコラボレーションを引き受けてくれて大変光栄に思います
――ローレン・メイベリー / チャーチズ)

チャーチズのローレンから、強い気持ち、怒りをぶつけてくれ! と言われていたのですが、いま25歳で、周りの環境も整ってきて、怒りで泣きそうになることじたい、少なくなったなと思います。ただ、自由を手に入れたはずなのに、まだ世界を変えられない、人生に安心はできない、宙ぶらりんな自分とこの時代に、喝を入れたい気がして、書いてみました。川崎とグラスゴー、忌野清志郎とデヴィッド・ボウイ、枝豆とフィッシュ&チップス
――コムアイ / 水曜日のカンパネラ

Photo by 横山マサト




■2018年8月3日(金)配信開始
チャーチズ
「Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ」

※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015