ニュース

チャーチズ、2019年2月にジャパン・ツアーを開催

チャーチズ(CHVRCHES)   2018/08/10 13:09掲載
はてなブックマークに追加
チャーチズ、2019年2月にジャパン・ツアーを開催
 7月末に開催された〈FUJI ROCK FESTIVAL’18〉の最終日にホワイト・ステージのトリを務め、その直後に水曜日のカンパネラをフィーチャーした新曲「Out Of My Head」を公開したチャーチズ(Chvuches)の来日が決定。2019年2月26日(火)に大阪・Zepp Osaka Bayside、2月28日(木)と3月1日(金)に東京・豊洲 PITで公演を行ないます。チケットは9月8日(土)の発売です。

 このうち、2月28日の東京公演にはスペシャル・サポート・アクトとして水曜日のカンパネラが、大阪公演と3月1日の東京公演には「Out Of My Head」を披露する際にスペシャル・ゲストとして水曜日のカンパネラのコムアイが出演します。

 また、9月14日(金)には、今年5月にリリースされたチャーチズの3rdアルバムに「Out Of My Head」などボーナス・トラック4曲を加えた日本独自企画盤『ラヴ・イズ・デッド−ジャパン・デラックス・エディション』(HSE-6864 2,500円 + 税)が発売されます。



チャーチズ 来日公演

2019年2月26日(火)
大阪 Zepp Osaka Bayside
Special Guest Appearance on「Out Of My Head」:コムアイ from 水曜日のカンパネラ
開場 18:00 / 開演 19:00
1Fスタンディング 7,500円 / 2F指定席 8,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※未就学児入場不可

※お問い合わせ: キョードーインフォメーション 0570-200-888

2019年2月28日(木)、3月1日(金)
東京 豊洲 PIT
Special Support Act: 水曜日のカンパネラ(2月28日)
Special Guest Appearance on「Out Of My Head」: コムアイ from 水曜日のカンパネラ / Support Act:有(3月1日)

開場 18:00 / 開演 19:00
前売 7,500円(税込 / 別途ドリンク代)
※未就学児入場不可

※お問い合わせ: クリエイティブマン 03-3499-6669

■2018年9月14日(金)発売
チャーチズ
ラヴ・イズ・デッド−ジャパン・デラックス・エディション

HSE-6864 2,500円 + 税

[収録曲]
01. Graffiti
02. Get Out
03. Deliverance
04. My Enemy (feat. Matt Berninger)
05. Forever
06. Never Say Die
07. Miracle
08. Graves
09. Heaven/Hell
10. God's Plan
11. Really Gone
12. ii
13. Wonderland
14. Out Of My Head feat. 水曜日のカンパネラ
※ボーナストラック4曲収録予定
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015