ニュース

国際短編映画祭SSFF & ASIA、バンプ、クラムボンらの楽曲をモチーフにした作品を上映中!

クラムボン   2012/06/20 16:24掲載
はてなブックマークに追加
国際短編映画祭SSFF & ASIA、バンプ、クラムボンらの楽曲をモチーフにした作品を上映中!
 米国アカデミー賞公認、6月15日から開催されている日本発・アジア最大級の国際短編映画祭“ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF & ASIA 代表:別所哲也)”。14回目の開催となる今年は、世界112の国と地域による4400本以上の応募の中から厳選された約100本を一挙上映。グランプリ作品は6月24日、明治神宮会館でおこなうアワードセレモニーにて発表されます。

 なかでも音楽好きにとって見逃せないのは、“ミュージックShort部門”。ミュージックShort部門とはショートフィルムの視点でセレクトした公式ミュージック・ビデオと、音楽レーベル各社から正式にエントリーされた楽曲をもとにクリエイターから募集したオリジナルショートフィルムを上映する部門です。

 今回は、クラムボンの「Aspen」を元に制作され、韓国の“国民の弟”イ・スンギが出演する『Bubble』、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのミュージック・ビデオ三部作『RIDE THE TIGER』など海外の大物が出演する作品のほか、国内からは、映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64 』の山崎貴監督が同作品の主題歌として使われたBUMP OF CHICKENのシングル「グッドラック」をもとに書き下ろしたオリジナル脚本から誕生した作品『Good Luck』、クリープハイプの同名の楽曲をモチーフに製作された『イノチミジカシコイセヨオトメ』、松坂桃李を主演に迎えグッドカミングのシングル「明日に」をもとに青年の成長と恋模様を描いた『グッドカミング〜トオルとネコ、たまに猫〜』(右上写真)など長編映画的な世界に思わず見入ってしまう大作もラインナップ!

 “ミュージックShort部門”今後の一般上映日程は、6月22日(金)、23日(土)、30日(土)の残り3回!(場所はいずれも横浜・ブリリアショートショートシアター)。作品の詳細、その他部門の上映作品や上映日程はSSFF & ASIAの公式サイト(www.shortshorts.org/index.php)でご確認ください!

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア
http://www.shortshorts.org/index.php


『Bubble』


『RIDE THE TIGER』


『イノチミジカシコイセヨオトメ』
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015