ニュース

スペイン発カオティック・ハードコア・バンド“クロスド”、アルバム『MORIR (死)』のCD盤を発売

クロスド   2022/08/18 13:23掲載
はてなブックマークに追加
スペイン発カオティック・ハードコア・バンド“クロスド”、アルバム『MORIR (死)』のCD盤を発売
 スペイン・マドリードのカオティック・ハードコア・バンド、クロスド(CROSSED)の2022年アルバム『MORIR (死)』CD盤が、8月19日(金)に日本のレーベル「3LA」よりリリース。

 クロスドは、エモ / スクリーモ・シーンにおける重要バンドBoneflower、Descubriendo A Mr.Mime、Eros + Massacrenのメンバーによって2017年に結成。2020年代のスペインのポスト・ハードコア・バンドの中でも特別な存在感を放つ一方、それら前キャリアのバンドとは全く異なる、強烈で混沌を極めたサウンドを完成させています。彼らの存在をより多くのリスナーに印象付けたのは2020年に発表された1stアルバム『Barely Buried Love』。ボッチやコンヴァージといった90年代カオティックの影響からも引用しつつ、残虐性を放つギター・リフや現代にアップデートされたハードコア・サウンドの重さ、無機質さすら感じさせる緻密なアプローチをもって、“愛”や“人間とは?”という問いにも通じるテーマを内包した挑戦的な作品でした。

 そんな前作アルバムから約2年を経て完成された本作『MORIR』は、“死”がテーマ。白と黄金を基調としたカラーリングで美しさすら感じさせるアルバム・アートワークながら、現世の罪、苦痛が洗い流され漂白された人間性が表現されており、耳を塞ぎたくなるような痛みの数々の先に一体何が残るのかが描かれています。

 バンドの表現の核を担うRodrigo Almanegraは数々の著名エモ / スクリーモのバンド達のアートワークを担当してきましたが、クロスドでは彼自身のアートセンスもまた更新されています。CD盤では彼自身の強い要望もあり、スペイン語と日本語をミックスさせたCD盤オリジナルの表現を新たに練り上げ、特殊紙ジャケットの仕様で限定300枚にてリリースとなります。


最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015