ニュース

『かわいそうなぞう』朗読CDで深まる絆。シンディ・ローパーと94歳のジャーナリスト秋山ちえ子さん

シンディ・ローパー   2011/03/02 16:29掲載
はてなブックマークに追加
 今月のシンディ・ローパー(Cyndi Lauper)来日公演を前に、彼女の“もうひとつの顔”を伝えるストーリーが、朝日新聞の2月28日(月)夕刊「ニッポン人・脈・記」で紹介されました。

 皆さんは『かわいそうなぞう』の物語をご存じでしょうか? 終戦間近の昭和20年、空襲をうける東京で、市民の安全のために動物たちを殺さざるを得なかった上野動物園の飼育係を描いた、実話にもとづく物語です。

 この『かわいそうなぞう』(土家由岐雄原作/金の星社刊)は、45年もの長きにわたり、毎年8月15日の終戦の日に、ラジオで朗読され続けています。朗読しているのは94歳のジャーナリスト、秋山ちえ子さん。

 戦後すぐに放送ジャーナリズムの世界に進んだ秋山さんは、戦争を鮮明に記憶している世代として、恒久平和の願いをこめて、この作品を朗読。絶版状態だった同書は、平成20年現在累計220万部を超えるベストセラーとなり、全国の学校や図書館を中心に読まれ続け、アニメ化やTVドラマ化もされています。

 2008年にこの朗読がCD化され、EPICレコードよりリリースされました。このCDには英語版も収録され、その朗読を担当したのが、なんとシンディ・ローパーだったのです!

 英語版の企画に賛同したシンディは、朗読を快諾。ふだんの歌声とはうって変わって、ささやくようなやさしい声で物語を読み上げます。そして、「印税は上野動物園に寄付して」と言っているとのこと。

 シンディが2008年に来日した際には、秋山ちえ子さんと対面し、1時間にわたり平和のこと、子供たちのこと、そして朗読を続けてきた偉業について語り合いました。

 その時もシンディの武道館公演も楽しんだ秋山さんは、今月16、17、18日に行なわれるオーチャードホール公演にも足を運ぶつもりで、再会を楽しみにしているそうです。

 「94歳だから!体調にもよるんだけど、シンディさんは特別ね」


■シンディ・ローパー来日公演
http://cyndilauper-japantour.com
3月15日(火) 名古屋・中京大学文化市民会館オーロラホール
3月16日(水)17日(木)18日(金) 東京・Bunkamura オーチャードホール
3月21日(月・祝)22日(火) 大阪・NHK大阪ホール
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015