ニュース

ウィーン・フィル首席クラリネット奏者、ダニエル・オッテンザマーが仏音楽のアルバムを発売

ダニエル・オッテンザマー   2019/03/22 13:01掲載
はてなブックマークに追加
 1986年ウィーンに生まれ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席をつとめるクラリネット界の俊英、ダニエル・オッテンザマー(Daniel Ottensamer)が、ソニー・クラシカルからの2ndアルバム『バラ色の人生〜フランス・クラリネット音模様』(SICC-30500 2,600円 + 税)を3月27日(水)にリリース。

 ダニエル・オッテンザマーは、父の故エルンストがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者、弟のアンドレアスベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席クラリネット奏者、自身はウィーン・フィルの首席クラリネット奏者を務めるという、クラリネット界の名門一家の出身。ウィーン音楽演劇大学でヨハン・ヒントラー(Johann Hindler)に学び、2006年にウィーン・フィル及びウィーン国立歌劇場管弦楽団へ入団、2009年には両団の首席クラリネット奏者となりました。オーケストラでの活動に加え、ソリストや、自身がリーダーを務める“フィルハーモニクス ウィーン=ベルリン”など室内楽の分野でも幅広く活躍し、世界各国の主要なコンサートホールに出演しています。

 音楽的な環境に生まれ、ウィーンの伝統をたっぷりと吸収したうえでクラリネットのウィーン楽派を21世紀に伝えるオッテンザマー。本作には、クラリネットを愛した20世紀フランスの作曲による名品を中心に、名歌手エディット・ピアフの代表曲であるアルバム・タイトル曲「バラ色の人生」と「パリの空の下で」を収録。オッテンザマーは「これらの作品はフランス製の楽器を念頭に書かれたものですが、ドイツ語圏で製作された楽器が持つ、柔軟で暗くやわらかなサウンドは、半音階を豊かに使いこなしたフランス音楽を吹くにも理想的」と語っています。共演とアレンジは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロ奏者で、“フィルハーモニクス ウィーン=ベルリン”のメンバーでもあるオッテンザマーの盟友、シュテファン・コンツ(Stephan Koncz)。コンツは本作でミュンヘン交響楽団を指揮するほか、チェリストとして2曲に参加し、さらに4曲のアレンジを手がけています。

■2019年3月27日(水)発売
バラ色の人生〜フランス・クラリネット音模様
CD SICC-30500 2,600円 + 税

[収録曲]
01.フランセ: クラリネット協奏曲
02.ドビュッシー: 第1ラプソディI.116
03.サン=サーンス / シュテファン・コンツ編: 白鳥(チェロ、クラリネット、オーケストラのための)(『動物の謝肉祭』より)
04.グリエルミ / シュテファン・コンツ編: バラ色の人生
05.ミヨー: スカラムーシュop.165d
06.ジロー / シュテファン・コンツ編: パリの空の下
07.サン=サーンス / シュテファン・コンツ編: タランテラop.6(チェロ、クラリネット、オーケストラのための)


[演奏]
ダニエル・オッテンザマー(cl) / ミュンヘン交響楽団 / シュテファン・コンツ(指揮 / vc[03, 07])

[録音]
2017年11月30日〜12月1日 ミュンヘン バヴァリア音楽スタジオ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015