ニュース

ダニエル・ワンのパーティ〈DISCO! DISCO!! DISCO!!!〉が渋谷contactで開催

ダニエル・ワン(Daniel Wang)   2017/04/05 16:56掲載
はてなブックマークに追加
ダニエル・ワンのパーティ〈DISCO! DISCO!! DISCO!!!〉が渋谷contactで開催
 ディスコ・ダブ・サウンドのオリジネーターであるダニエル・ワン(Balihu Records)率いるパーティ、〈DISCO! DISCO!! DISCO!!!〉が東京・渋谷 contactで5月6日(土)に開催されます。

 出演はダニエル・ワンのほか、オープニングDJを務める“bon appetit”($HOW5#テガキ&KAI)、新レーベル「East End Classix」を始動させたXTAL(Trans Boys / (((さらうんど))) / Jintana & Emeralds)、毎年恒例となった独りロングセット〈okadada open to close set〉を4月15日(土)に大阪・東心斎橋 stompで開催するokadadaら。また、寺田創一(Far East Recording)によるライヴ・パフォーマンスも予定されています。

 橋本 徹率いる「Cafe Apres-midi」がラウンジをオーガナイズするなど、注目のアクトが並ぶ〈DISCO! DISCO!! DISCO!!!〉。開催にあたり、アパレル・ブランド「SILAS」とBalihu RecordsのコラボレートTシャツが制作され、オンライン・ショッピング・サイト「calif」(calif.cc)にて前売チケットとのセットで販売中。購入者限定特典として、ダニエル・ワンによるミックス音源のダウンロードが可能です。

拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示


Daniel Wang presents DISCO! DISCO!! DISCO!!!
2017年5月6日(土)
東京 渋谷 contact
開場 / 開演 22:00
当日 3,500円 / with flyer 3,000円
GH S MEMBER 2,500円 / UNDER 23 2,000円
BEFORE 11PM 1,000円


[出演]
STUDIO X
DJ: DANIEL WANG(Balihu Records) / XTAL(Trans Boys / (((さらうんど)))) / okadada
LIVE: SOICHI TERADA(Rush Hour / Far East Recording)
OPENING DJ: bon appetit($HOW5#テガキ&KAI)

CONTACT
-Cafe Apres-midi“Saturday Lounge”ExclusiveTORU
HASHIMOTO(SUBURBIA) / haraguchic(FreedomSunset) / Maa / DRAMATICBOYS(秘境祭 / PLAYA / 都会) / TOKYO MIDNIGHT HOMELESS(町田町子&YUKA) / nnn(なでしこラウンジ) / taximaya / Tatsuya Ouchi / morizo(Yellow Card)
PHOTO: Niiiyan
FOOD: Eat Bongo!
DISCO HELL: NAGOYA
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』
[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成![インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催
[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説
[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』
[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015