ニュース

デイヴィッド・アーロン・カーペンター、兄&姉との共演でストラディヴァリウスの音色を披露

デヴィッド・アーロン・カーペンター   2018/10/15 12:50掲載
はてなブックマークに追加
デイヴィッド・アーロン・カーペンター、兄&姉との共演でストラディヴァリウスの音色を披露
 1986年ニューヨーク生まれのヴィオリスト、デイヴィッド・アーロン・カーペンターが、兄のショーン・アヴラム・カーペンター、姉のローレン・サラ・カーペンターとともに、10月11日に東京・六本木 森アーツセンターギャラリーで開催された〈STRADIVARIUS ‘f'enomenon ストラディヴァリウス300年目のキセキ展〉における“LIVE SESSION PROGRAM”で演奏を披露。株式会社ZOZOの前澤友作社長コレクションのストラディヴァリウス、1717年製作の“Hamma”も使用されました。

 今回の演奏では、展覧会に展示されたストラディヴァリウスの数々からデイヴィッドがGibson(ヴィオラ / 1734年製作)、ショーンがHamma(ヴァイオリン / 1717年製作)を、そしてローレンは持参したLubbock(ヴァイオリン / 1725年製作)を使用。ドヴォルザークのカヴァティーナ、日本でもおなじみのピアソラ「リベルタンゴ」、アメリカの愛唱歌「ヤンキー・ドゥードル」、ハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』よりワルツなどの楽曲を披露し、兄弟姉妹が使用する3台の銘器のハーモニーが会場に響きわたりました。

STRADIVARIUS ‘f'enomenon
ストラディヴァリウス300年目のキセキ展

tsf2018.com/programs/exhibition
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015