ニュース

デヴィッド・サンボーン、精鋭揃いの新プロジェクトを率いてBLUE NOTE TOKYOで公演開催中

デヴィッド・サンボーン   2017/12/08 12:45掲載
はてなブックマークに追加
デヴィッド・サンボーン、精鋭揃いの新プロジェクトを率いてBLUE NOTE TOKYOで公演開催中
 これまでに6度の〈グラミー賞〉を受賞、8枚のゴールド・アルバムと1枚のプラチナム・アルバムで全米で計150万枚以上の売り上げを誇るトップ・アルト・サックス奏者のデヴィッド・サンボーン(David Sanborn)が、新プロジェクトを率いて12月9日(土)まで東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて来日公演を開催中。12月6日に行なわれた公演初日の様子がYouTubeなどで公開されています。

 サンボーンは1945年フロリダ州タンパ生まれ。ポール・バターフィールド・ブルース・バンドギル・エヴァンス・オーケストラ、デヴィッド・ボウイらとの共演を経て、75年にソロ・デビュー。81年の『夢魔』から4作連続で全米ジャズ・アルバム・チャートの1位を獲得、不動の地位を確立しました。

 本公演のメンバーは、パット・メセニー・グループのメンバーで知られるベン・ウィリアムス(b)、リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラの中心メンバー、ワイクリフ・ゴードン(tb)、デイヴ・ホランド・バンドなどで活動するビリー・キルソン(ds)、そして長年にわたってニューヨーク・ヴォイセスのサポート・ミュージシャンを続けるアンディ・エズリン(key)が参加。2016年9月にブルーノート・ニューヨークでデビューしたスーパー・プロジェクトによる日本初披露となるステージです。



デヴィッド・サンボーン・ニュー・クインテット
featuring ワイクリフ・ゴードン、ベン・ウィリアムス、アンディ・エズリン&ビリー・キルソン

www.bluenote.co.jp/jp/artists/david-sanborn/

2017年12月6日(水)〜9日(土)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO

[メンバー]
デヴィッド・サンボーン(sax)
ワイクリフ・ゴードン(tb)
ベン・ウィリアムス(b)
アンディ・エズリン(p, key)
ビリー・キルソン(ds)

チャージ 11,000円(税込 / 飲食代別)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015