ニュース

辻一郎のソロ・ユニット“Dissecting Table”、新作『Moral Collapse』リリース

dissecting table   2022/08/16 14:12掲載
はてなブックマークに追加
辻一郎のソロ・ユニット“Dissecting Table”、新作『Moral Collapse』リリース
 辻一郎のソロ・ユニット“Dissecting Table”が、13枚限定の作品『Moral Collapse』をCDRで9月11日(日)にリリースします。

 辻一郎は、東京で1986年から“Dissecting Table”という名義でノイズ・インダストリアル・ミュージックの制作を開始し、1998年に故郷の広島に戻り音楽活動を展開。おもに自主レーベル「UPD organization」とヨーロッパとアメリカのレーベルよりレコードやCD作品を発表してきました。初期、中期の作品は、シンセサイザー、サンプラーをシーケンサーで制御することで作品を制作していましたが、2012年頃から、コンピュータでUSB接続デバイスから出力されるPWM信号を制御して音楽制作を行なうようになり、現在は、独自のシンセサイザーシステムを開発しながら作品を制作しています。

 開発したシンセサイザーシステムのコンピュータとuniversal serial bus(USB)接続デバイスは、USBインターフェースで接続されます。USB接続デバイスは、5つの pulse width modulation(PWM)信号を出力することができます。

 本作の1曲目は、USB接続デバイスから4つのPWM信号を出力して、4つのフィルタに入力。フィルタは、2つの複合型シンセサイザー、オールパスフィルタ及び、状態変数フィルタが用いられました。複合型シンセサイザーは、ウィーンブリッジ発振器や乗算器などで構成されています。この曲は、ラインセレクタでPWM信号とフィルタの接続の変更を行ないませんでした。4つのPWM信号は、断続的に演奏されますが、あるPWM信号が演奏しない時は、別のPWM信号が演奏することにより、曲が持続的になり、フィルタが変更されて音色が変化します。

 また、3曲目では、USB接続デバイスから5つのPWM信号を出力して、5つのフィルタに入力。フィルタは、2つの複合型シンセサイザー、バイカッド回路、オールパスフィルタ及び、状態変数フィルタが用いられました。この曲は、ラインセレクタでPWM信号とフィルタの接続の変更を行なっているため、フィルタの音色が様々に変化しました。また、ラインセレクタを用いたため、1曲目よりもこの曲の方が、音色の変化が激しくなっています。1つのPWM信号を持続的に演奏して、4つのPWM信号を断続的に演奏しました。複合型シンセサイザーと状態変数フィルタでハードな音色作りを行い、ハーシュノイズを制作しました。

■2022年9月11日(日)発売
Dissecting Table
『Moral Collapse』

※13枚限定

UPD Organization website
lucky-yoron-7564.pigboat.jp

YouTube:
www.youtube.com/channel/UCIeRW-5Iksu3mhGJLbbac_g

Soundcloud:
soundcloud.com/upd-org

Tunecore:
www.tunecore.co.jp/artists/UPD
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015