ニュース

ダニー・マッキャスリンが最新アルバム『ブロウ!』から3曲を公開

ダニー・マッキャスリン(Donny McCaslin)   2018/09/14 12:04掲載
はてなブックマークに追加
ダニー・マッキャスリンが最新アルバム『ブロウ!』から3曲を公開
 2016年1月に発売されたデヴィッド・ボウイの遺作『』で鮮烈なプレイを聴かせたテナー・サックス奏者のダニー・マッキャスリン(Donny McCaslin)が、最新アルバム『ブロウ』にボーナス・トラックを追加収録した国内盤(SICX-30061 2,500円 + 税)を10月24日(水)にリリース。発売に先立ち、アルバムから「クラブ・キッド」「グレート・デストロイヤー」「オープナー feat. サン・キル・ムーン」の3曲がYouTubeで公開されています。


 アルバムのタイトル『ブロウ!』(原題『Blow.』)についてマッキャスリンは、「“Blow=吹く”というのは自分がやっていること。音楽のスタイルやジャンルに関係なく、僕がやっていることであり、生まれてからずっと少しでも上手くなろうと懸命に頑張ってきたこと。その瞬間起きていることに気持ちを集中させながら、感じたままに表現することを目指してやってきた。タイトルはそれを断言したような形なんだ」とコメントしています。


 ボウイ逝去から2年が過ぎ、『★』のセッションでのインパクトを表現した本作で共演するのは、ともに『★』バンドに参加したマーク・ジュリアナ(dr)、ジェイソン・リンドナー(key)、ティム・ルフェーヴル(b)ほか世界屈指の精鋭たち。ボウイとの長きにわたる共演で知られるゲイル・アン・ドーシーや、スロウ / サッドコア重鎮サン・キル・ムーンことマーク・コゼレック(レッド・ハウス・ペインターズ)も参加。日本盤のみボーナス・トラックとして7分を超える大作「TOKYO」が収録されます。


Photo by Jimmy Fontaine

■2018年10月24日(水)発売
ダニー・マッキャスリン
ブロウ

SICX-30061 2,500円 + 税
※高品質BSCD2

[収録曲]
01. ワット・アバウト・ザ・ボディ
02. クラブ・キッド
03. ブレイク・ザ・ボンド
04.ニュー・カインドネス
05. Exactlyfourminutesofimprovisedmusic
06. イニー・キングダム
07. グレート・デストロイヤー
08. オープナー feat.サン・キル・ムーン
09. ビースト
10. テンペスト
11. アイ・オブ・ザ・ビホルダー(ゲイル・アン・ドーシー / vo)
12. TOKYO *
* 国内盤ボーナストラック

[演奏]
ダニー・マッキャスリン(ts, fl, cl) / ジェイソン・リンドナー(key) / ティム・ルフェーブル(b) / マーク・ジュリアナ(ds)

ネイト・ウッド(b) / ベン・モンダー(g) / スティーヴ・ウォール(key, g) / ジョナサン・マロン(b)

ヴォーカル:ライアン・デール(1, 2, 4, 7) / ジェフ・テイラー(6, 9) / ゲイル・アン・ドーシー(11) / サン・キル・ムーン(8)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015