ニュース

ダニー・マッキャスリンが最新アルバム『ブロウ!』から3曲を公開

ダニー・マッキャスリン(Donny McCaslin)   2018/09/14 12:04掲載
はてなブックマークに追加
ダニー・マッキャスリンが最新アルバム『ブロウ!』から3曲を公開
 2016年1月に発売されたデヴィッド・ボウイの遺作『』で鮮烈なプレイを聴かせたテナー・サックス奏者のダニー・マッキャスリン(Donny McCaslin)が、最新アルバム『ブロウ』にボーナス・トラックを追加収録した国内盤(SICX-30061 2,500円 + 税)を10月24日(水)にリリース。発売に先立ち、アルバムから「クラブ・キッド」「グレート・デストロイヤー」「オープナー feat. サン・キル・ムーン」の3曲がYouTubeで公開されています。


 アルバムのタイトル『ブロウ!』(原題『Blow.』)についてマッキャスリンは、「“Blow=吹く”というのは自分がやっていること。音楽のスタイルやジャンルに関係なく、僕がやっていることであり、生まれてからずっと少しでも上手くなろうと懸命に頑張ってきたこと。その瞬間起きていることに気持ちを集中させながら、感じたままに表現することを目指してやってきた。タイトルはそれを断言したような形なんだ」とコメントしています。


 ボウイ逝去から2年が過ぎ、『★』のセッションでのインパクトを表現した本作で共演するのは、ともに『★』バンドに参加したマーク・ジュリアナ(dr)、ジェイソン・リンドナー(key)、ティム・ルフェーヴル(b)ほか世界屈指の精鋭たち。ボウイとの長きにわたる共演で知られるゲイル・アン・ドーシーや、スロウ / サッドコア重鎮サン・キル・ムーンことマーク・コゼレック(レッド・ハウス・ペインターズ)も参加。日本盤のみボーナス・トラックとして7分を超える大作「TOKYO」が収録されます。


Photo by Jimmy Fontaine

■2018年10月24日(水)発売
ダニー・マッキャスリン
ブロウ

SICX-30061 2,500円 + 税
※高品質BSCD2

[収録曲]
01. ワット・アバウト・ザ・ボディ
02. クラブ・キッド
03. ブレイク・ザ・ボンド
04.ニュー・カインドネス
05. Exactlyfourminutesofimprovisedmusic
06. イニー・キングダム
07. グレート・デストロイヤー
08. オープナー feat.サン・キル・ムーン
09. ビースト
10. テンペスト
11. アイ・オブ・ザ・ビホルダー(ゲイル・アン・ドーシー / vo)
12. TOKYO *
* 国内盤ボーナストラック

[演奏]
ダニー・マッキャスリン(ts, fl, cl) / ジェイソン・リンドナー(key) / ティム・ルフェーブル(b) / マーク・ジュリアナ(ds)

ネイト・ウッド(b) / ベン・モンダー(g) / スティーヴ・ウォール(key, g) / ジョナサン・マロン(b)

ヴォーカル:ライアン・デール(1, 2, 4, 7) / ジェフ・テイラー(6, 9) / ゲイル・アン・ドーシー(11) / サン・キル・ムーン(8)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015