ニュース

トータスのダグ・マッコームズ、本名名義でキャリア初のソロ・アルバムをリリース 先行配信もスタート

ダグラス・アンドリュー・マッコームズ   2022/10/04 10:05掲載
はてなブックマークに追加
トータスのダグ・マッコームズ、本名名義でキャリア初のソロ・アルバムをリリース 先行配信もスタート
 ポスト・ロックの始祖トータスのダグ・マッコームズが、フル・ネームのダグラス・アンドリュー・マッコームズ(Douglas Andrew McCombs)名義にて、キャリア初となるソロ・アルバム『VMAK〈KOMBZ〈〈〈DUGLAS〈〈6NDR7〈〈〈』を10月21日(金)にリリース。発売に先駆けて、アルバムより「Green Crown's Step(グリーン・クラウンズ・ステップ)」が10月4日(火)0時より先行配信が開始されています。

 1987年にイレヴンス・ドリーム・デイのメンバー(ベーシスト)としてレコード・デビューしてから約35年、ジェフ・パーカーと並びトータスの創立メンバーであるダグ・マッコームズ。トータスのトレードマークの一つでもある、巨匠エンニオ・モリコーネテレヴィジョントム・ヴァーレインにも通ずる、ハードボイルドさや哀愁を感じさせるメロディラインのコンポーザーとして、トータスのメロディの要を務めています。

 今回のソロ作は、今年レコード・デビュー25周年を迎えた自身のリーダー・ユニット“ブロークバック” に変わり、新たに提示したプレゼンテーション。これまでもブロークバックの作品にも参加してきたキャレキシコジョン・コンヴァーティノ(ds)をはじめ、今やダグがツアー・サポートを務めているザ・シー・アンド・ケイクのフロント・マンのサム・プレコップ(モジュラー・シーケンス)、ブロークバックの近作やライヴのほか、トータス『TNT』の再演ライヴ(2020年の来日公演)にも参加していた元ザ・ジンクスのフロント・マンであり、ソロ・アーティストとしても活躍するジェームズ・エルキントン(ds,perc)がゲスト参加。エルキントンは、本アルバムの録音とミックスも担当しています。

 10分以上の長尺曲2曲と今回先行配信される「Green Crown's Step」の3曲のインスト曲を収録(※日本盤はボーナストラックを追加した4曲入り)した本作は、トータスやブロークバックをはじめとしたダグの活動の集大成。おなじみのBass VI(6弦ベース)によるサウンドだけでなく、エレクトリック&アコースティック・ギターの可能性を拡張することで独自の音楽性を先鋭化し、持ち前のメロディを更に活かすために、音の質感を探求し、音響空間にも配慮した逸品です。近年、ブロークバックがバンド編成でのロック・サウンドに傾倒していることもあり、それと比較すると、ある意味、初期のブロークバックに戻ったかのような実験的な印象もあり、メロディアスながらも非常に刺激的なサウンドが詰まっています。

 アルバム・タイトルはダグが東欧を旅した際のパスポートをスキャンしたものに由来。正式な読み方は存在せず、リリース元の米シカゴの老舗レーベル「スリル・ジョッキー」では略して『V MAK』(ヴィー・マック)と呼んでいるとのこと。また、このアルバムはスリル・ジョッキー設立30周年記念作品でもあり、スリル・ジョッキーではフィジカル・リリースとしては限定CDのみの発売となりますが、日本盤は超限定にはせず、アルバムと同時期に制作された楽曲をボーナス・トラックとして追加収録してリリースされます。加えて、ブロークバックと共演経験があり、ダグ本人とも親しいアキツユコによる推薦コメント、『TURN』編集長の岡村詩野、スウィート・ドリームス・プレスの福田教雄によるライナーノーツも掲載。

 トータスのメロディアスな楽曲やブロークバックの初期のサウンドが好きな人にはもちろんのこと、初心者にも優しく、刺激的で美しい、遅れてきた大型新人によるインスト楽曲集に、期待がふくらみます。

拡大表示




■2022年10月4日(火)先行配信
ダグラス・アンドリュー・マッコームズ
「Green Crown's Step」

iTunes MS、Apple Music、Amazon Music(サブスクのみ)、YouTube、YouTube Music のみ先行配信
※10月21日に開始されるアルバムの配信は、Spotify他、より多くのストアで取り扱われます。

itunesリンク: music.apple.com/jp/album/vmak-kombz-duglas-6ndr7/1646940357

Amazon Musicリンク
amazon.co.jp/music/player/albums/B0BGHW29CL?ref=sr_1_1&s=music

■2022年10月21日(金)発売
ダグラス・アンドリュー・マッコームズ
『VMAK〈KOMBZ〈〈〈DUGLAS〈〈6NDR7〈〈〈』

THRILL-JP 55 / HEADZ 255 (原盤番号:THRILL 589)

01. Two to Coolness 12:10 
02. Green Crown's Step 3:36
03. To Whose Falls Shallows 18:05
04. White Steam 5:58
※ Track 4:日本盤のみのボーナス・トラック


faderbyheadz.com/release/headz255.html
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム
[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場!
[インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表
[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー!
[インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015