ニュース

“聴きたくて”シリーズ・クラシック編の最新盤『オペラを聴きたくて〜美しい花々を愛でながら』発売

エリーナ・ガランチャ(Elina Garanca)   2019/03/26 14:12掲載
はてなブックマークに追加
 鶴田一郎の美人画イラストをジャケットに用いたクラシック・コンピレーション“聴きたくて”シリーズの最新盤『オペラを聴きたくて〜美しい花々を愛でながら』(UCCS-1247〜8 2,100円 + 税)が3月27日(水)に発売されます。

 本作は、これまで作曲家(ショパンラフマニノフモーツァルト)や楽器(チェロ、ピアノ、ヴァイオリン)にフォーカスしてきた同シリーズのオペラ編。2枚のディスクに、ビゼーの歌劇『カルメン』からエリーナ・ガランチャ(Elīna Garanča)が歌う「恋は野の鳥(ハバネラ)」やブリン・ターフェル(Bryn Terfel)が歌う「諸君の乾杯を喜んで受けよう(闘牛士の歌)」、グノーの歌劇『ファウスト』よりルネ・フレミング(Renée Fleming)が歌う「何と美しいこの姿 (宝石の歌)」、ヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)が歌う「私を貫いているのはなんという未知の不安なのだろう?」、プッチーニの歌劇『トスカ』からアンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が歌う「歌に生き、恋に生き」などオペラ・アリアの名曲や、リッカルド・シャイー(Riccardo Chailly)指揮ミラノ・スカラ座管弦楽団による「ヴェルディ: 歌劇『運命の力』序曲」、ネーメ・ヤルヴィ(Neeme Järvi)指揮エーテボリ交響楽団による「マスカーニ: 歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲」、カルロス・クライバー(Carlos Kleiber)指揮シュターツカペレ・ドレスデンによる「ワーグナー: 楽劇『トリスタンとイゾルデ』第1幕への前奏曲」といった人気の前奏曲・間奏曲など、オペラの魅力をたっぷりと詰め込んでいます。選曲・監修は、音楽ライターの小田島久恵が務めており、オペラ初心者にもわかりやすい解説付です。

■2019年3月27日(水)発売
オペラを聴きたくて〜美しい花々を愛でながら
CD UCCS-1247〜8 2,100円 + 税

[Disc 1]
01. ヴェルディ: 歌劇『運命の力』序曲
リッカルド・シャイー指揮ミラノ・スカラ座管弦楽団
02. ビゼー: 恋は野の鳥(ハバネラ)(歌劇『カルメン』から)
エリーナ・カランチャ(Ms)
03. ビゼー: 諸君の乾杯を喜んで受けよう(闘牛士の歌)(歌劇『カルメン』から)
ブリン・ターフェル(Bs-Br)
04. グノー: 何と美しいこの姿 (宝石の歌)(歌劇『ファウスト』から)
ルネ・フレミング(S)
05. モーツァルト: もう飛ぶまいぞ、この蝶々(歌劇『フィガロの結婚』から)
アーウィン・シュロット(Br)
06. ヴェルディ: 花から花へ(歌劇『椿姫』から)
アンナ・ネトレプコ(S)
07. ビゼー: 聖なる寺院の奥に(歌劇『真珠採り』から)
ローランド・ビリャソン(T) / イルダル・アブドゥラザコフ(Br)
08. ヴェルディ: 来たれ、凱旋将軍よ・・・(凱旋の合唱)(歌劇『アイーダ』から)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン楽友協会合唱団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
09. プッチーニ: 歌に生き、恋に生き(歌劇『トスカ』から)
アンナ・ネトレプコ(S)
10. グノー: 私を貫いているのはなんという未知の不安なのだろう?(歌劇『ファウスト』から)
ヨナス・カウフマン(T)
11. マスカーニ: 歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲
ネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ交響楽団
12. プッチーニ: 誰も寝てはならぬ(歌劇『トゥーランドット』から)
ルチアーノ・パヴァロッティ(T)
13. 氷のような姫君の心も(歌劇『トゥーランドット』から)
ルネ・フレミング(S)
14. ワーグナー: イゾルデの愛の死(楽劇『トリスタンとイゾルデ』から)
マーガレット・プライス(S)

[Disc 2]
01. プッチーニ: 歌劇『マノン・レスコー』第3幕への前奏曲
リッカルド・シャイー指揮ベルリン放送交響楽団
02. グノー: 私は夢に生きたい(歌劇『ロメオとジュリエット』から)
モンセラート・カバリエ(S)
03. プッチーニ: 冷たい手を…(歌劇『ラ・ボエーム』から)
ルチアーノ・パヴァロッティ(T)
04. プッチーニ: 私の名はミミ(歌劇『ラ・ボエーム』から)
アンナ・ネトレプコ(S)
05. モーツァルト: 奥さん、これが恋人のカタログ(カタログの歌)(歌劇『ドン・ジョヴァンニ』から)
ブリン・ターフェル(Bs-Br)
06. ビゼー: 耳に残るは君の歌声(歌劇『真珠採り』から)
ジョセフ・カレヤ(T)
07. ドヴォルザーク: 月に寄せる歌(歌劇『ルサルカ』から)
キャサリン・ジェンキンス(Ms)
08. ロッシーニ: おいらは街のなんでも屋(歌劇『セヴィリャの理髪師』から)
プラシド・ドミンゴ(T)
09. オッフェンバック: 小鳥はあかしでの茂みに(人形の歌)(歌劇『ホフマン物語』から)
パトリシア・プティボン(S)
10. オッフェンバック: むかしアイゼナックの宮廷に・・・(クラインザックの歌)(歌劇『ホフマン物語』から)
プラシド・ドミンゴ(T) / ロビン・レゲイト(T)
11. オッフェンバック: 美しい夜、おお恋の夜(間奏曲とホフマンの舟歌)(歌劇『ホフマン物語』から)
パトリシア・プティボン(S) / カリーヌ・ドゥシェー(Ms)
12. マスネ: ぼくの心は、みんなここにある・・・なぜにわれを目覚ますや(歌劇『ウェルテル』から)
ヨナス・カウフマン(T)
13. ワーグナー: 楽劇『トリスタンとイゾルデ』第1幕への前奏曲
カルロス・クライバー指揮シュターツカペレ・ドレスデン
14. ホイベルガー: 別室へ行きましょう(喜歌劇『オペラ舞踏会』から)
アンナ・ネトレプコ(S)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015