ニュース

エマニュエル・パユ、19世紀のフランス作品とモーツァルトの協奏曲の関連を解くニュー・アルバムを発表

エマニュエル・パユ   2021/05/17 13:25掲載
はてなブックマークに追加
エマニュエル・パユ、19世紀のフランス作品とモーツァルトの協奏曲の関連を解くニュー・アルバムを発表
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者を務めるエマニュエル・パユ(Emmanuel Pahud)が、レ・ヴァン・フランセらとともに録音したニュー・アルバム『モーツァルト&フルート・イン・パリ』を7月9日(金)に発表します。

 アルバムは19世紀後半のフランス作品とモーツァルトの協奏曲との関連性を解いたCD2枚組で、収録された9つの作品はすべてパリを起源とした独奏フルートを伴うものです。19世紀後半に活躍した、フルート奏者のポール・タファネルは洗練された演奏技術が高く評価され、1893年からパリ音楽院でフルートの教授を務め、フルートのフランス楽派の創始者となりました。エマニュエル・パユと、フランソワ・ルルーは、その時代のパリ音楽院を研究し、プログラムを組み立てています。

 DISC 1は、オーストラリアのアボリジニ文化の創造物語を想起させる2014年作曲の『エルサン:ドリームタイム』から始まり、2021年に没後100年を迎えたサン=サーンスの作品を3曲、そしてシャミナード、プーランク、フォーレらの曲を収録し、フランス音楽シーンに息づく“粋”をアルバムに仕立てました。プーランクとフォーレの作品は、管弦楽伴奏編曲版で演奏されます。

 DISC 2には、モーツァルトが1778年にパリに滞在していた時に作曲した2つの協奏作品「管楽器のための協奏交響曲 変ホ長調K.297b」と「フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299」を収録。フェリーニ監督の諸作や『ゴッドファーザー』などの映画音楽で知られるニーノ・ロータによるカデンツァが聞ける「フルートとハープのための協奏曲」ではウィーン・フィルの首席ハーピスト、アンネレーン・レナエルツと共演しています。

ワーナーミュージック・ジャパン
wmg.jp/pahud/discography/24577
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム
[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015