ニュース

遠藤憲一、マーベル新作『アイ・アム・グルート』日本版グルート役続投決定 特別映像&新ヴィジュアル公開

遠藤憲一   2022/08/10 12:49掲載
はてなブックマークに追加
遠藤憲一、マーベル新作『アイ・アム・グルート』日本版グルート役続投決定 特別映像&新ヴィジュアル公開
 世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』をはじめ、破格のメガヒット超大作によってエンターテイメント史を塗り替えてきたマーベル・スタジオ。劇場映画にとどまらず、ドラマ・シリーズも続々と生み出すマーベル・スタジオが新たに贈る“癒し”のオリジナル短編集『アイ・アム・グルート』が、8月10日(水)16:00よりディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)独占で、全5話(1話約5分)を一挙に日米同時配信されます。MCUイチの愛されキャラクターの“小さな大冒険”をキュートに描く本作。この度、ベビー・グルートの日本版声優に“エンケン”こと遠藤憲一の続投が決定。アフレコに向け、全力で“木”への憑依を試みる衝撃の役作りを映した日本語吹替版予告付き特別映像も公開。さらに、サングラス&ヘッドホン姿のベビー・グルートが“木”ままに過ごす姿を切り取った、最新“木”ー・ヴィジュアルも同時公開されました。

 ノリと笑いで銀河を守る落ちこぼれヒーローチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”。クセ者だらけなメンバーのひとり、見た目は可愛いが無邪“木”なトラブルメーカーでもある身長25cmの小さな木、ベビー・グルート。そんな彼を演じるのが、渋みのある低音ヴォイスでおなじみの名優・遠藤憲一。過去作でもグルートを演じ、SNSでも「エンケンさんのグルート可愛い」「エンケンさんなの最高」と“ハマり役”の呼び声も高い遠藤ですが、今回のベビー・グルートによるキュートで小さな大冒険物語について、「今回グルートがメインになったので、可愛らしいグルートが映像の中にいっぱい。わがままな雰囲気もあり、可愛らしさもあり、ちょっとしたアクションもあって独自なグルートの世界になっている。本当に楽しめる世界!」と、今回マーベル作品の主人公へと遂に“成り上がった”キャラクターへの愛着とともに解説しています。

 映像では、ウッドカラーの服に身を包み“木”合十分な遠藤から「木になって現場に来る」と“木”への憑依発言が飛び出しつつ、アフレコ直前も本格的な憑依に挑戦。ヴィジュアルを完全再現したり、劇中の動きを可愛く模写したり……ベビー・グルート化に余念がなく、その甲斐あってか、自らを「もうグルートだよね」と評するほどの“シンクロ率100%”を達成!? ベビー・グルートが話せる言葉は「ボクはグルート」のみ。遠藤は「セリフが難しい」と苦心しつつ、最終的には喜怒哀楽を見事にこの一言で表現。その後、渡された台本に一瞥をくれただけで本番収録へ突入。ペラッペラな台本を開くとそこには「ボクはグルート」の一言だけ……しかし、その言葉を真っ直ぐ見つめる遠藤の眼差しからは、“ベビー・グルート”に対する尋常ではない思い入れの強さが伝わってきます。

 役作りの成果は本編で全貌が明らかになりますが、その一端は、続く日本語吹替版予告の中で垣間見えます。穏やかな「ボクはグルート」、満面の笑みの「ボクはグルート」、テンションMAXの「ボクはグルート」など、遠藤こだわりの演じ分けが炸裂しており、どの姿ももれなく可愛すぎるベビー・グルートを堪能できること間違いありません。

 果たして彼の“相棒”も登場するのか――?観る者みな癒す、ベビー・グルートのハチャメチャで小さな大冒険を描くオリジナル短編集『アイ・アム・グルート』は全5話で8月10日16:00より日米同時配信開始。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示



© 2022 Marvel
© 2022 Disney and its related entities

『アイ・アム・グルート』
2022年8月10日(水)16:00よりディズニープラスにて独占配信開始
www.disneyplus.com/ja-jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015