ニュース

Fugenn & Tooson、5thフル・アルバム『POSTMODERN SOPHISTY』リリース

Fugenn&Tooson   2021/11/25 13:43掲載
はてなブックマークに追加
Fugenn & Tooson、5thフル・アルバム『POSTMODERN SOPHISTY』リリース
 Fugenn & The White Elephantsが、2000年代中〜後半に4年程ヒップホップ・プロダクションのユニットを組んでいた盟友、Toosonと2020年後半より“Fugenn & Tooson”として活動を開始、術ノ穴よりアルバム『FAR EAST CITYSCAPE』『GOD BLESS ISLAND』『INNER CITY DUB』『FAR EAST CITYSCAPE2』をリリースし、満を持して5thフル・アルバム『POSTMODERN SOPHISTY』を全国流通盤としてPROGRESSIVE FOrMより12月15日(水)にリリース。

 “Fugenn & Tooson”の楽曲制作において、Toosonは主に楽曲のベースとなるビートプロダクションを担当し、その上でFugennが展開や上モノ、メロディ部分などを重ねているとのこと。妖艶な女性のコーラスと男性のヴォーカルが特徴的なオープニングのM1「Approach」からアルバムは始まり、M2「Pathos」ではFugenn特有の壮大でメランコリックな進行に思わず聴き入ってしまいます。その後も様々な解釈やアプローチで魅惑的に展開されるヴォーカルとプロダクションの融け合う中でも、情感溢れるM6「All Over」、M8「Indulge」、M10「Majestic」、M11「Turn Around」は特筆すべき楽曲であると言えます。今後もその活動から目が離せない“Fugenn & Tooson”、今再注目の一つと言えるプロダクション・ユニットです。

PROGRESSIVE FOrM
www.progressiveform.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015