ニュース

福原美穂、マーク・ド・クライヴ・ロウやmabanuaらが参加する新作を2年半ぶりにリリース

福原美穂   2015/12/21 16:59掲載
はてなブックマークに追加
 “奇跡の歌声”と称され、存在感を示し続けるシンガー・福原美穂が、オリジナル作としては2年半ぶりとなる新作『Something New』(限定盤 HPFR-0001 6,000円 + 税 / 通常盤 HPFR-0002 1,852円 + 税)を12月23日(水)に、自主レーベル「Happy Field Records」からリリースします。

 札幌の街角から届いた15歳の少女の歌声に、多くの人々が騒然としたあの日から13年。福原が新作を携えて戻ってきました。今作はorigami PRODUCTIONSからmabanuaShingo Suzukiがプロデューサーとして参加し、初の歌詞提供となるEMI MARIA、海外からはマーク・ド・クライヴ・ロウら、国内外の多くのクリエイターが集結。福原の真髄を存分に感じるカラフルな楽曲を生み出しました。またタイトル曲「Something New」は、福原を音楽の世界に引き込んだディレクターと8年ぶりにタッグを組んだ作品で、福原のデビュー前から温めていたデモが今回、10年近い年月を経て発表されたということ。

 
 なお、限定盤には制作エピソードやメッセージを掲載した72ページにおよぶ撮りおろしフォト・ブックが付属。新たな一歩を踏み出した福原の記念すべき作品となりそうです。



■2015年12月23日(水)発売
福原美穂
『Something New』

限定盤 HPFR-0001 6,000円 + 税
通常盤 HPFR-0002 1,852円 + 税

[収録曲]
01. I Want More
02. WASABI GREEN
03. No Way
04. Something New
05. Broken Heart
06. Something New(English Version)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015