ニュース

月刊プロボーラー新作!「ハイスクールララバイ」のカヴァーも

月刊プロボーラー   2005/01/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 電気グルーヴがお茶の間にまで広めた、ジャパニーズ・テクノのトキメキを今に伝える、自称“泣き虫青春テクノ”な2人組、月刊プロボーラー。高校の同級生であった岸達哉と菊田康久、そして1台のロボット(キャンディーロボ)からなる彼らは、2004年にアルバム『テクーニョ』(写真)でデビューを果たし、そのテクノ、ディスコ、エレポップを基調とした不真面目なようでいて、じつはかなり真面目なサウンドが話題に。その彼らから早くもニュー・アルバム『テクニコフ』(VLCA-1002 \2,300(税込))が届けられることに!

 もともとは2枚のミニ・アルバムを制作していたのがフル・アルバムへと発展したという本作は、前作に比べ、ポップなものはよりポップに、フロアユースなものはよりダンサブルになっているとの評判な作品。アルバムは、ヴォイスサンプルを含むヴォーカル・トラックが大半を占める内容となるそうで、昨年末発売の12インチ・シングル『Technikov E.P.』にインスト・ヴァージョンが収録されて話題を集めた、イモ欽トリオの名(迷?)曲「ハイスクールララバイ」のヴォーカル入りカヴァーも収録される予定です。ユニット名やカヴァー曲の選曲だけみれば、イロモノ的扱いを受けるかも知れませんが、音のプロダクションはかなりしっかりとしていますので、ジャパニーズ・テクノ好きなら必聴ですよ! 発売は2月25日を予定しています。

(01) 願い(Ver.9)
(02) ハリーアップトーキョー
(03) 10$
(04) 123
(05) ハイスクールララバイ
(06) よろこびの歌
(07) 五月雨ベイビーブルー
(08) ニューワールド オブ ザ エンド
(09) パン
(10) 水色
(11) 願い(Ver.8)
(12) ダンシンオーナイ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015