ニュース

ゴーゴー・ペンギン、新作『ア・ハムドラム・スター』の先行トラック配信開始

ゴーゴー・ペンギン   2017/12/13 13:03掲載
はてなブックマークに追加
 2016年にアルバム『マン・メイド・オブジェクト』でブルーノートからメジャー・デビューを果たしたUKマンチェスター発のアコースティック・エレクトロ・トリオ、ゴーゴー・ペンギン(GO GO PENGUIN)が、2ndアルバム『ア・ハムドラム・スター』(UCCQ-1080 2,300円 + 税)を2018年2月9日(金)に世界同時リリース。アルバムの詳細が発表され、先行トラック「レイヴン」の配信がiTunesほかでスタートしています。

 約2年ぶりのリリースとなる『ア・ハムドラム・スター』は、前作よりもさらにメロディアスになり、情熱的でダンス・ミュージックの要素も強まった独創的なサウンドに仕上がっています。米音楽サイト「Pitchfork」では「エネルギーに満ちたサウンド。このニュー・アルバムは聴くとすぐ効いてきて、アップビートなグルーヴが持続する。このジャンルの伝統的な側面すべてをピアノ中心に抽出しつつも、新鮮で活気のある現代的な要素をスキャンしてブレンドしている」と評し、また「Wall Street Journal」誌でも「ゴーゴー・ペンギンがジャズを演奏しているのかどうかと尋ねることは、現代のポピュラー音楽における冒険感覚的に的外れといえるだろう。彼らは優れた即興音楽を追求する実験主義者なのだ。そしてグルーヴが最も重要である……このトリオはグルーヴがどう作用するかをよく分かっており、格別にうまくグルーヴするのだ」と高く評価しています。

 ゴーゴー・ペンギンはコンスタントに世界ツアーを行なっており、大型音楽フェスティヴァルにも多数出演。〈SXSW〉や〈コーチュラ〉などでは、唯一のジャズ・アクトとして出演を果たし、米「ニューヨーク・タイムズ」紙の“〈SXSW 2017〉のベスト・アクト12”に選出されるなど、ライヴ・パフォーマンスにも定評があります。本作がリリースとなる2018年2月には来日公演も決定。2月19日(月)から21日(水)までの3日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYO、2月22日(木)愛知・名古屋 BLUE NOTEにて開催。公演の詳細は各店のオフィシャル・サイトをご確認ください。



■2018年2月9日(金)世界同時発売
ゴーゴー・ペンギン
ア・ハムドラム・スター

UCCQ-1080 2,300円 + 税

[収録曲]
01. プレイヤー
02. レイヴン
03. バルドー
04. ア・ハンドレッド・ムーンズ
05. ストリッド
06. トランジェント・ステート
07. リターン・トゥ・テキスト
08. リアクター
09. ウィンドウ
10. ソー・イット・ビギンズ
11. ア・ハンドレッド・ムーンズ−オルタナティヴ・ヴァージョン
ボーナス・トラック
12. ディス・アワー
※日本盤のみボーナス・トラック

『ア・ハムドラム・スター』iTunesプリオーダー
税込1900円

ゴーゴー・ペンギン来日公演
2018年2月19日(月)〜21日(水)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/gogo-penguin

2018年2月22日(木)
愛知 名古屋 BLUE NOTE
www.nagoya-bluenote.com/schedule/201802.html
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015