ニュース

〈東芝グランドコンサート2020〉エーテボリ響がサントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビで初来日

エーテボリ交響楽団(GOTHENBURG SYMPHONY ORCHSTRA)   2019/07/16 12:07掲載
はてなブックマークに追加
〈東芝グランドコンサート2020〉エーテボリ響がサントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビで初来日
 毎年、海外の著名な指揮者やオーケストラ、豪華なソリストたちが招聘される“東芝グランドコンサート”。その39回目となる〈東芝グランドコンサート2020〉で、名門エーテボリ交響楽団が北欧の俊英指揮者サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(Santtu-Matias Rouvali)とのコンビで初来日します。

 エーテボリ響は、1905年設立のオーケストラ。北欧を象徴する楽団として“スウェーデン国立管弦楽団”の名称も与えられています。これまでにシャルル・デュトワ(Charles Dutoit)やネーメ・ヤルヴィ(Neeme Järvi)、グスターボ・ドゥダメル(Gustavo Dudamel)らが首席指揮者を務め、本国スウェーデンのみならず、世界各地で高く評価されています。

 ロウヴァリは、1985年フィンランド出身の指揮者。2017年シーズンよりエーテボリ響の首席指揮者を務めています。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団BBC交響楽団フランス放送フィルハーモニー管弦楽団ロサンゼルス・フィルハーモニック東京交響楽団など世界のトップ・オーケストラとの共演を果たしており、なかでもエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen)の後任としてフィルハーモニア管弦楽団の次期首席指揮者に決定したことは世界中の音楽ファンに大きな驚きを与えました。

 本公演でソリストを務めるのは、最難関とも言われる〈ハノーファー国際コンクール〉(2009年)にて史上最年少で優勝を果たし、世界中の演奏会で活躍するヴァイオリニスト三浦文彰と、欧米や日本、アジアで活動を展開し、国際的なピアニストとして名声を確立しているピアニスト児玉麻里。三浦はショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番、児玉はベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番で共演します。

東芝グランドコンサート2020
サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮 エーテボリ交響楽団

www.t-gc.jp
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015