ニュース

〈東芝グランドコンサート2020〉エーテボリ響がサントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビで初来日

エーテボリ交響楽団(GOTHENBURG SYMPHONY ORCHSTRA)   2019/07/16 12:07掲載
はてなブックマークに追加
〈東芝グランドコンサート2020〉エーテボリ響がサントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビで初来日
 毎年、海外の著名な指揮者やオーケストラ、豪華なソリストたちが招聘される“東芝グランドコンサート”。その39回目となる〈東芝グランドコンサート2020〉で、名門エーテボリ交響楽団が北欧の俊英指揮者サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(Santtu-Matias Rouvali)とのコンビで初来日します。

 エーテボリ響は、1905年設立のオーケストラ。北欧を象徴する楽団として“スウェーデン国立管弦楽団”の名称も与えられています。これまでにシャルル・デュトワ(Charles Dutoit)やネーメ・ヤルヴィ(Neeme Järvi)、グスターボ・ドゥダメル(Gustavo Dudamel)らが首席指揮者を務め、本国スウェーデンのみならず、世界各地で高く評価されています。

 ロウヴァリは、1985年フィンランド出身の指揮者。2017年シーズンよりエーテボリ響の首席指揮者を務めています。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団BBC交響楽団フランス放送フィルハーモニー管弦楽団ロサンゼルス・フィルハーモニック東京交響楽団など世界のトップ・オーケストラとの共演を果たしており、なかでもエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen)の後任としてフィルハーモニア管弦楽団の次期首席指揮者に決定したことは世界中の音楽ファンに大きな驚きを与えました。

 本公演でソリストを務めるのは、最難関とも言われる〈ハノーファー国際コンクール〉(2009年)にて史上最年少で優勝を果たし、世界中の演奏会で活躍するヴァイオリニスト三浦文彰と、欧米や日本、アジアで活動を展開し、国際的なピアニストとして名声を確立しているピアニスト児玉麻里。三浦はショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番、児玉はベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番で共演します。

東芝グランドコンサート2020
サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮 エーテボリ交響楽団

www.t-gc.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015