ニュース

彩の国さいたま芸術劇場の〈ピアノ・エトワール・シリーズ アンコール!〉に萩原麻未が登場

萩原麻未   2019/05/09 12:42掲載
はてなブックマークに追加
彩の国さいたま芸術劇場の〈ピアノ・エトワール・シリーズ アンコール!〉に萩原麻未が登場
 埼玉・彩の国さいたま芸術劇場が厳選した新鋭ピアニストたちが意欲的なプログラムで競演を繰り広げる〈ピアノ・エトワール・シリーズ〉の出演者から、“また聴きたい”というリクエストに応える〈ピアノ・エトワール・シリーズ アンコール!〉。その8回目となる〈ピアノ・エトワール・シリーズ アンコール!Vol.8 萩原麻未 ピアノ・リサイタル〉が2019年6月16日(日)に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホールで開催されます。

 萩原麻未は、2010年に第65回〈ジュネーヴ国際コンクール(ピアノ部門)〉で日本人として初優勝し、一躍注目を集めた気鋭のピアニスト。ソリストとして積極的な活動を展開しながら、室内楽にも熱心に取り組んでいます。2014年に〈ピアノ・エトワール・シリーズ〉へ初登場した際には、フォーレドビュッシーラヴェルによる作品に加え、紡績工場の機械音を模したミニマル的な動きで始まるジェフスキーの作品を採り上げ、好奇心あふれる選曲で聴衆を魅了しました。

 〈ピアノ・エトワール・シリーズ アンコール!Vol.8 萩原麻未 ピアノ・リサイタル〉では、“舞曲”をテーマにモンポウ歌と踊り』を軸とした作品を選曲。ショパンの『ワルツ集』からの作品やラヴェルの「ラ・ヴァルス」、ヒナステラピアソラによるラテン作品を織り交ぜたプログラムを予定しています。

photo: Marco Borggreve

ピアノ・エトワール・シリーズ アンコール!Vol.8
萩原麻未 ピアノ・リサイタル

www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/6167

2019年6月16日(日)
埼玉 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール
開演 15:00
正面席 3,500円 / バルコニー席 2,500円(U-25 1,000円)
※バルコニー席、U-25は残席僅少


[曲目]
ショパン: 『ワルツ集』より
ラヴェル: ラ・ヴァルス
ピアソラ: アディオス・ノニーノ
モンポウ: 『歌と踊り』より
ヒナステラ: アルゼンチン舞曲集

※お問い合わせ: SAFチケットセンター 0570-064-939
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015