ニュース

花江夏樹、梶裕貴、村瀬歩が決定 アニメ映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』特報映像公開

花江夏樹   2021/09/10 12:43掲載
はてなブックマークに追加
花江夏樹、梶裕貴、村瀬歩が決定 アニメ映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』特報映像公開
 日本を飛び越え、米ニューヨーク・タイムズ「ベストTV 2018 インターナショナル部門」(The Best International Shows)に選ばれ、世界中で絶賛された大ヒットTVアニメ『宇宙よりも遠い場所』を手掛けた、いしづかあつことMADHOUSE、さらにキャラクターデザイン・吉松孝博によるオリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』が、2022年に全国ロードショー決定。この度、本作のキャラクターに命を吹き込む声優陣に花江夏樹梶裕貴村瀬歩が決定し、本作初映像となる特報とティザー・ヴィジュアルが公開されています。

 高校の農業科の1年生で地味で目立たない性格で自分には何かが足りないと感じているロウマ役に、『四月は君の嘘』(有馬公生役)、『東京喰種トーキョーグール』(金木研役 / 佐々木琲世役)、2020年歴代興行収入を塗り替える快挙となった『鬼滅の刃』(竈門炭治郎役)に出演。さらに、YouTubeチャンネルの登録者数が200万人越えなど多方面で活躍し、日本の声優界には欠かせない花江夏樹が演じます。本作について花江は「友情や恋、若さ溢れる行動力、大人になるにつれて忘れてしまう、失くしてしまう、直してしまうそんな大切な気持ちを思い出せる作品だと思います」と魅力を語っています。続けて、秀才で病院の息子だが、小学校のときにロウマと出会い“ドン・グリーズ”を結成したトトを演じるのは、『進撃の巨人』(エレン・イェーガー役)、『七つの大罪』(メリオダス役)、『僕のヒーローアカデミア』(轟焦凍役)など数々の人気作の声優を務め、2012年・2013年には〈声優アワード〉で主演男優賞を史上初の2年連続で受賞した梶裕貴。さらに、ある事情から、ロウマの住む田舎町にやって来て“ドン・グリーズ”の輪に加わる少年ドロップ役を『ハイキュー!!』(日向翔陽役)や『王様ランキング』(カゲ役)、現在大ヒット公開中の『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』(豆沢サスガ役)など幅広い作品に出演し、〈第10回声優アワード〉で新人男優賞受賞を受賞した村瀬歩に決定。

 公開となった特報映像は「分かっていなかったんだ、あの頃の僕たちは何も。だけど、見慣れた町のすぐ外には世界へ繋がる扉があった」と美しい景色とロウマの語りから始まります。映像が切り替わると明るい音楽と共に、秘密基地に花火を持ち込むロウマや突っ込むトト、自由なドロップと3人のコミカルなやり取りが繰り広げられます。美しい夏の情景が続き、ロウマが写真を撮る姿が映し出されます。最後に「あの日、いつもと違う夏休みの気配に僕はわくわくしていたんだ――」とロウマの台詞で締めくくられ、彼らの冒険の始まりを感じられる映像となっています

 ティザー・ヴィジュアルでは「僕ら(ルビ:ドン・グリーズ)の冒険が始まる――」というキャッチコピーに相応しい“ドン・グリーズ”の秘密基地にわくわくした表情のロウマ、ドロップ、驚いた顔をしたトトの姿が描かれています。さらに本作の公開決定を記念して、10月6日(水)よりTOKYO MX、KBS京都、サンテレビ、テレビ愛知、BS11にてTVアニメ『宇宙よりも遠い場所』の再放送が決定しています。

[コメント]
ロウマ役の花江夏樹です。
彼は友情を大切にするとてもいい奴で、将来に不安を抱きながらも前に進んでいます。
オーディションを受けた時にはもう既に映像がかなり出来上がっていて、ノスタルジックで、とても綺麗だと感じました。
この作品で、友情や恋、若さ溢れる行動力、大人になるにつれて忘れてしまう、失くしてしまう、直してしまうそんな大切な気持ちを思い出せる作品だと思います。
男3人での大冒険!ぜひ劇場でご覧下さい!

――花江夏樹

オーディションのお話をいただいた時、直感で「おもしろそう!」と感じた作品でした。
その感覚が間違っていなかったことは、アフレコで既に確認済みです。いしづかあつこ監督の想いとセンスの詰まった青春物語。
小気味よいコミカルさと疾走感に加え、若者たちが初めて人生と向き合う瞬間のナイーブな人間ドラマが丁寧に描かれている作品です。
今だからこそ、自分だからこそのトトが生まれたんじゃないかと感じています。
全力で作品世界を駆け抜けました。公開を楽しみにお待ちください!

――梶裕貴

オーディションの際に既に絵が出来上がっており、そこにまず感動したのがスタートでした。
誰もが子供の時に一度は憧れたよなー!という冒険から、親や同級生から離れて語られる思春期の悩みや不安定さ、覚悟。その全てをじっと黙って包んでくれるように自然が美しく描かれております。
画の美しさと彼らの秘密の物語を楽しみに待っていただけると!

――村瀬歩

拡大表示



©Goodbye,DonGlees Partners

『グッバイ、ドン・グリーズ!』
2022年 ロードショー
donglees.com
配給: KADOKAWA
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015