ニュース

原田知世が大人のラブ・ソングをテーマにしたカヴァー・アルバムをリリース

原田知世   2015/03/18 16:06掲載
はてなブックマークに追加
 原田知世のニュー・アルバム『恋愛小説』(UCCJ-2120 3,000円 + 税) は“大人のラブ・ソング”をテーマにした14年ぶりのカヴァー・アルバムです。

 ストリングス・アンサンブルが清々しいビートルズの「夢の人」や、大胆にサザン・ソウル・テイストに仕上げたノラ・ジョーンズの「ドント・ノー・ホワイ」など、プロデューサーの伊藤ゴローによるカラフルなアレンジと、原田の水彩画のような透明感のある歌声が絶妙にマッチ。10曲それぞれを短編小説に見たて、各ストーリーの主人公を演じるように歌ったという今回のアルバムは、これまで女優と歌手という2つの活動を大切に積み重ねてきた原田知世ならではの作品です。

 昨年原田が主演したNHKドラマ10『紙の月』の原作者である角田光代は、以下のコメントを作品に寄せています。

「だれかをたいせつに思うこと。そう思わせてくれる人に会えたこと。恋愛の、うつくしさとせつなさが、そのまま原田知世さんの歌う声だ」
角田光代

■2015年3月18日(水)発売
原田知世
『恋愛小説』

UCCJ-2120 3,000円 + 税

[収録曲]
01. 夢の人(ザ・ビートルズ)
02. ドント・ノー・ホワイ feat. ジェシー・ハリス(ノラ・ジョーンズ)
03. イン・マイ・シークレット・ライフ(レナード・コーエン)
04. ベイビー・アイム・ア・フール(メロディ・ガルドー)
05. ナイト・アンド・デイ
06. ブルー・ムーン
07. イフ・ユー・ウェント・アウェイ(マルコス・ヴァーリ)
08. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン(ジュリー・ロンドン)
09. 恋の面影(ダスティ・スプリングフィールド)
10. ラヴ・ミー・テンダー(エルヴィス・プレスリー)

※カッコ内は代表的アーティスト

原田知世 LIVE TOUR 2015
“恋愛小説”


5月30日(土)富山 南砺市円形劇場ヘリオス
nantohelios.jp

6月3日(水)愛知 名古屋ブルーノート
www.nagoya-bluenote.com

6月4日(木)ビルボードライブ大阪
www.billboard-live.com

6月6日(土)東京 EXシアター六本木
www.red-hot.ne.jp
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015