ニュース

ハープ奏者の早川りさこ&コントラバス首席奏者の池松 宏、初のデュオ・アルバム発表

早川りさこ   2019/01/21 13:37掲載
はてなブックマークに追加
 ヒンデミット「木管楽器、ハープとオーケストラのための協奏曲」やアルウィン「ハープ協奏曲」、リーバーマン「フルートとハープの為の協奏曲」の日本初演や、タン・ドゥン「13のマイクロフィルムとハープの為の協奏曲」の世界初演を手がけるなど、日本ハープ界のトップランナーとして活躍するNHK交響楽団ハープ奏者の早川りさこと、NHK交響楽団ニュージーランド交響楽団を経て現在は東京都交響楽団コントラバス首席奏者を務め、ソリストとしても世界的に活躍する池松 宏が、初のデュオ・アルバム『ノスタルジア』(KICC-1475 3,000円 + 税)を1月23日(水)にリリース。

 本作は、きらびやかなハープの音色とコントラバスの迫力ある重低音によるデュオ・アルバム。早川と池松が昨年初演した、川島素晴による同デュオのための新作「ノスタルジア」をはじめ、ビリー・ジョエル「スーベニア」やロドリーゴ「アランフェス」、ガーシュウィン「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー」、ラフマニノフ「ヴォカリーズ」、モリコーネ「ニュー・シネマ・パラダイス」、マイヤーズ「カヴァティーナ」といった名曲の数々を、唯一無二のデュオ演奏へと昇華させています。

■2019年1月23日(水)発売
ノスタルジア
CD KICC-1475 3,000円 + 税

[収録曲]
01. ビリー・ジョエル: スーベニア
02. マット・デニス: エンジェル・アイズ
03. ポンセ: 小さな星
04. ロドリーゴ: アランフェス
05. ガーシュウィン: サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
06. アンダーソン: プリンク・プレンク・プランク
07. ラフマニノフ: ヴォカリーズ
08. レスリー・ブリカス: ピュア・イマジネーション
09. モリコーネ: ニュー・シネマ・パラダイス
10. 川島素晴: ノスタルジア
11. ジェイ・リビングストン: モナ・リザ
12. マイヤーズ: カヴァティーナ


[演奏]
早川りさこ(hp) / 池松宏(cb)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015