ニュース

挾間美帆、アルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』がグラミー賞にノミネート

挾間美帆   2019/11/21 14:56掲載
はてなブックマークに追加
挾間美帆、アルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』がグラミー賞にノミネート
 2020年1月26日(日)に授賞式が行なわれる第62回グラミー賞のノミネート作品およびアーティストが発表され、ニューヨークを拠点に活躍する“ジャズ作曲家”挾間美帆のアルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』が、最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム部門(Best Large Jazz Ensemble Album)の候補に選出されました。

 『ダンサー・イン・ノーホエア』は2018年11月にリリースされた挾間にとって3枚目のオリジナル・アルバム。みずから率いるジャズ室内楽団“m_unit”が、挾間のオリジナル曲を中心に演奏する作品です。

 今回のノミネートについて、挾間は「いまコペンハーゲンにおりまして、首席指揮者に就任したばかりのデンマークラジオ・ビッグバンドとの仕事中に、友人から連絡があって受賞を知りました。ノミネートがいつ発表になるかもよく知らず、本当に突然のニュースで、とにかくびっくりしています。夢のようです。このジャンルでは珍しい“ジャズ室内楽団”ですが、大切な音楽家達と丹精込めて創った作品をこの賞にノミネートしていただけたことを、心から嬉しく思います。これをきっかけに、ジャズ・アンサンブルや、このm_unitというオーケストラを、より多くの方に聴いていただけたら良いなと思います。」と喜びのコメントを発表しています。

Photo By Hiroyuki Seo

挾間美帆 official site
www.jamrice.co.jp/miho/
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015