ニュース

ハービー・ハンコック、テラス・マーティンを含む新鋭グループでBLUE NOTE TOKYOに登場

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)   2016/06/16 14:41掲載
はてなブックマークに追加
ハービー・ハンコック、テラス・マーティンを含む新鋭グループでBLUE NOTE TOKYOに登場
 通算14回のグラミー賞に輝き、2011年からはユネスコ大使としてもジャズの普及・啓蒙に力を注ぐ現代ジャズきっての巨匠、ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)が、ケンドリック・ラマーの傑作『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』のプロデューサーとしても知られるテラス・マーティン(Terrace Martin)を含む気鋭のニュー・バンドを率いて、8月31日(水)と9月1日(木)の2日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて公演を行ないます。

 アコースティック・ジャズの真髄『処女航海』『スピーク・ライク・ア・チャイルド』、ジャズ・ファンクの先駆『ヘッド・ハンターズ』、ヒップホップをいち早く取り入れた『フューチャー・ショック』など、無数の金字塔を打ち立ててきたハービー・ハンコック。今回のステージは、4月に発表したリーダー作『ベルベット・ポートレイツ』(AGIPi-3574 2,200円 + 税)も好調のテラス・マーティンをバンド・メンバーに従えての登場。つねに時代の先をいく音楽性でリスペクトされ続けているハンコックの最新サウンドに注目が集まります。

 Jam Session会員WEB先行予約は6月28日(火)11:00より、一般WEB先行予約は7月12日(火)11:00より受付開始。詳細はBLUE NOTE TOKYOオフィシャル・サイト(www.bluenote.co.jp)をご確認ください。

■ハービー・ハンコック・カルテット
featuring ジェームス・ジナス、トレヴァー・ローレンスJr.&テラス・マーティン
www.bluenote.co.jp/jp/artists/herbie-hancock

2016年8月31日(水)、9月1日(木)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
開場 18:30 / 開演 20:00
※1日1ショウのみ
チャージ 38,000円(税込 / 飲食代別) 

[メンバー]
ハービー・ハンコック(p, key)
ジェームス・ジナス(b)
トレヴァー・ローレンスJr.(ds)
テラス・マーティン(sax, key)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
[インタビュー] 島田奈美、最新ベストアルバム発売 島田奈央子、島田奈美を語る[インタビュー] “最強打線”をそろえた初のアルバム。DJ FUKUの『スタメン』
[特集] 「がんばれ!隠れ汗 プロジェクト」とは?『ビオレ さらさらパウダーシート』アニメCM公開中[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界
[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015