ニュース

ハービー・ハンコック、テラス・マーティンを含む新鋭グループでBLUE NOTE TOKYOに登場

ハービー・ハンコック   2016/06/16 14:41掲載
はてなブックマークに追加
ハービー・ハンコック、テラス・マーティンを含む新鋭グループでBLUE NOTE TOKYOに登場
 通算14回のグラミー賞に輝き、2011年からはユネスコ大使としてもジャズの普及・啓蒙に力を注ぐ現代ジャズきっての巨匠、ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)が、ケンドリック・ラマーの傑作『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』のプロデューサーとしても知られるテラス・マーティン(Terrace Martin)を含む気鋭のニュー・バンドを率いて、8月31日(水)と9月1日(木)の2日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて公演を行ないます。

 アコースティック・ジャズの真髄『処女航海』『スピーク・ライク・ア・チャイルド』、ジャズ・ファンクの先駆『ヘッド・ハンターズ』、ヒップホップをいち早く取り入れた『フューチャー・ショック』など、無数の金字塔を打ち立ててきたハービー・ハンコック。今回のステージは、4月に発表したリーダー作『ベルベット・ポートレイツ』(AGIPi-3574 2,200円 + 税)も好調のテラス・マーティンをバンド・メンバーに従えての登場。つねに時代の先をいく音楽性でリスペクトされ続けているハンコックの最新サウンドに注目が集まります。

 Jam Session会員WEB先行予約は6月28日(火)11:00より、一般WEB先行予約は7月12日(火)11:00より受付開始。詳細はBLUE NOTE TOKYOオフィシャル・サイト(www.bluenote.co.jp)をご確認ください。

■ハービー・ハンコック・カルテット
featuring ジェームス・ジナス、トレヴァー・ローレンスJr.&テラス・マーティン
www.bluenote.co.jp/jp/artists/herbie-hancock

2016年8月31日(水)、9月1日(木)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
開場 18:30 / 開演 20:00
※1日1ショウのみ
チャージ 38,000円(税込 / 飲食代別) 

[メンバー]
ハービー・ハンコック(p, key)
ジェームス・ジナス(b)
トレヴァー・ローレンスJr.(ds)
テラス・マーティン(sax, key)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015