ニュース

どうでしょうD陣参加、樋口了一の呼びかけによる熊本復興チャリティ・ソング「小さき花の歌」配信

樋口了一   2016/08/01掲載(Last Update:16/08/04 12:20)
はてなブックマークに追加
どうでしょうD陣参加、樋口了一の呼びかけによる熊本復興チャリティ・ソング「小さき花の歌」配信
 HTB「水曜どうでしょう」のテーマソング「1 / 6の夢旅人2002」や、2009年のレコード大賞優秀作品賞に選ばれた「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」などで知られ、パーキンソン病と闘いながら全国に歌を届ける“ポストマンライブ”を行なっているシンガー・ソングライター、樋口了一。熊本在住の彼が、同じく熊本県の益城町在住の詩人でボランティア団体「NPO法人 九州ラーメン党」を運営する濱田龍郎と共に制作した熊本復興を願うチャリティ・ソング、“樋口了一と花咲かフレンズ”の歌う「小さき花の歌」がレコチョク、iTunes などで配信スタート。

 この楽曲は、自身も被災者でありながら、被災地でラーメンの炊き出しをしている濱田の人柄に触れた樋口が、“花咲かじいさんが花を咲かせているような楽しくて賑やかな曲にしたい”と作曲とメイン・ヴォーカルを担当。親交のある面々をレコーディングに呼びかけ“花咲かフレンズ”として共に歌い、制作されたもの。参加メンバーは、「水曜どうでしょう」のディレクターである藤村忠寿嬉野雅道をはじめ、池田 聡、ウィリアムス浩子、大澤敦史(打首獄門同好会)、小田夢乃、坂本サトル、ジョニー佐藤(井乃頭畜音団)、たつのすけ、Dr.マーサ、中西圭三藤田恵美古澤 剛、松尾よういちろう(井乃頭畜音団)、村上ゆきYOKANなど。楽曲の収益は、今回の熊本地震で倒壊した、九州ラーメン党が運営している「そよかぜ福祉作業所」の建物再建費用に充てられます。

樋口了一と花咲かフレンズ


■2016年7月31日(日)配信開始
樋口了一と花咲かフレンズ
「小さき花の歌」


作詞: 濱田龍郎、作曲・編曲: 樋口了一
※この配信曲の収益は、今回の熊本地震で倒壊した、九州ラーメン党が運営している「そよかぜ福祉作業所」の建物再建費用に充てられます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015