ニュース

トッパンホールで〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト〉第3弾開催

井上道義   2019/04/15 12:33掲載
はてなブックマークに追加
トッパンホールで〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト〉第3弾開催
 東京・小石川のトッパンホールが第47回(2015年度)〈サントリー音楽賞〉を受賞したことを記念し、シュニトケショスタコーヴィチによる作品を主軸とするコンサートの第3弾〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト III〉が4月26日(金)と4月27日(土)に同ホールで開催されます。

 旧ソ連の社会体制下で芸術活動を行なったシュニトケとショスタコーヴィチにフォーカスし、現代の視点から作曲家の本質に迫る〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト〉。室内楽による第1弾、チェンバー・オーケストラによる第2弾は、その鋭い洞察とスケール感から、新聞評などで絶賛されました。

 その第3弾となる本公演では、前回同様に今回のためのオリジナル・オーケストラが編成され、同じく井上道義が指揮を務めます。またソリストとして、本プロジェクトに毎回出演している俊英ヴァイオリニストの山根一仁、当代きってのヴィオラ奏者のひとりであるニルス・メンケマイヤー(Nils Mönkemeyer)、古楽器と現代楽器の双方を弾きこなすチェリストのピーター・ウィスペルウェイ(Pieter Wispelwey)を迎えます。

第47回サントリー音楽賞受賞記念コンサート
シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト III


2019年4月26日(金)
東京 小石川 トッパンホール
19:00〜
www.toppanhall.com/concert/detail/201904261900.html

2019年4月27日(土)
東京 小石川 トッパンホール
18:00〜
www.toppanhall.com/concert/detail/201904271800.html


[曲目]
シュニトケ: Concerto for Three 〜クレーメル、バシュメット、ロストロポーヴィチのための〜
ヒンデミット: 白鳥を焼く男
ショスタコーヴィチ: チェロ協奏曲第1番変ホ長調op.107
ワーグナー: ジークフリート牧歌


[出演]
井上道義(指揮) / 山根一仁(vn) / ニルス・メンケマイヤー(va) / ピーター・ウィスペルウェイ(vc) / トッパンホール チェンバー・オーケストラ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015