ニュース

トッパンホールで〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト〉第3弾開催

井上道義   2019/04/15 12:33掲載
はてなブックマークに追加
トッパンホールで〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト〉第3弾開催
 東京・小石川のトッパンホールが第47回(2015年度)〈サントリー音楽賞〉を受賞したことを記念し、シュニトケショスタコーヴィチによる作品を主軸とするコンサートの第3弾〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト III〉が4月26日(金)と4月27日(土)に同ホールで開催されます。

 旧ソ連の社会体制下で芸術活動を行なったシュニトケとショスタコーヴィチにフォーカスし、現代の視点から作曲家の本質に迫る〈シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト〉。室内楽による第1弾、チェンバー・オーケストラによる第2弾は、その鋭い洞察とスケール感から、新聞評などで絶賛されました。

 その第3弾となる本公演では、前回同様に今回のためのオリジナル・オーケストラが編成され、同じく井上道義が指揮を務めます。またソリストとして、本プロジェクトに毎回出演している俊英ヴァイオリニストの山根一仁、当代きってのヴィオラ奏者のひとりであるニルス・メンケマイヤー(Nils Mönkemeyer)、古楽器と現代楽器の双方を弾きこなすチェリストのピーター・ウィスペルウェイ(Pieter Wispelwey)を迎えます。

第47回サントリー音楽賞受賞記念コンサート
シュニトケ&ショスタコーヴィチ プロジェクト III


2019年4月26日(金)
東京 小石川 トッパンホール
19:00〜
www.toppanhall.com/concert/detail/201904261900.html

2019年4月27日(土)
東京 小石川 トッパンホール
18:00〜
www.toppanhall.com/concert/detail/201904271800.html


[曲目]
シュニトケ: Concerto for Three 〜クレーメル、バシュメット、ロストロポーヴィチのための〜
ヒンデミット: 白鳥を焼く男
ショスタコーヴィチ: チェロ協奏曲第1番変ホ長調op.107
ワーグナー: ジークフリート牧歌


[出演]
井上道義(指揮) / 山根一仁(vn) / ニルス・メンケマイヤー(va) / ピーター・ウィスペルウェイ(vc) / トッパンホール チェンバー・オーケストラ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015