ニュース

フォーライフレコード設立35周年記念! 70年代後半の名曲を集めた高音質コンピ盤が発売!

井上陽水   2010/12/09 13:59掲載
はてなブックマークに追加
フォーライフレコード設立35周年記念! 70年代後半の名曲を集めた高音質コンピ盤が発売!
 1960年代、まだアンダーグラウンドで、世の中に反抗する若者たちの武器でしかなかった“フォーク・ソング”が、団塊の世代の社会進出とともに、70年代にはポピュラリティを獲得。シンガー・ソングライターと呼ばれる人たちや、彼らの作り出だした楽曲が、やがて日本の音楽シーンの中心となっていく……。その最も象徴的出来事が、75年6月1日、“小室等、吉田拓郎、泉谷しげる、井上陽水”という4人のアーティストによるフォーライフレコードの設立でした。

 その、フォーライフレコード設立35周年を記念して、コンピレーション・アルバム『FORLIFE CLASSICS』が12月8日に発売されました。“フォーク”から“ニューミュージック”へと時代が移り変わる70年代後半、アーリーFORLIFEの時代を超えたヒット曲をコンプリート。時代を超えて愛され続ける18曲がBlu-spec CD(高品質CD)&紙ジャケット仕様で登場。

 「なぜか上海」(井上陽水 / 79年)、「雨が空から降れば」(小室 等 / 79年)など設立4アーティストの代表曲を中心にコンパイルされた本作には、「キャンディ」(原田真二 / 77年)、「オリビアを聴きながら」(杏里 / 78年)、「カリフォルニア・コネクション」(水谷豊 / 79年)などの70年代後半を代表する大ヒット曲も収録。

 また、ドラマ『ハングマン』主題歌「あ・れ・か・ら」(ヒロスケ / 80年)、初代日清カップヌードルCF曲「ボーンフリー・スピリット」(ロブバード / 80年)など、同じ空の下で青春時代を過ごした若者たちが、思わず涙するレア・トラックも収録されています。ちなみに収録曲中の「ダンディー」(大野真澄)は初CD化。また、本作のラストを飾る18曲目に収録された「流星」(吉田拓郎 / 79年)はカヴァーが現在テレビCMで流れているなど、まさに「時代を越えて愛され続ける名曲」の象徴なのでは。

 さらに、フォーライフミュージックでは、懐かしいフォーライフレコード時代の音源を続々とCD化しています。詳しくはフォーライフレコード・オフィシャルサイトへ。


※12月8日発売
VA『FORLIFE CLASSICS』
(FLCF-5029 税込2,000円 / Blu-spec CD)

[収録曲]
01. 青空、ひとりきり(井上陽水)
02. 明日(あす)に向って走れ(吉田拓郎)
03. 寒い国から来た手紙(泉谷しげる)
04. 雨が空から降れば(小室等)
05. 風になりたい(川村ゆうこ)
06. キャンディ(原田真二)
07. となりの町のお嬢さん(吉田拓郎)
08. ヴァーボン・ストリート・ブルース(高田渡&ヒルトップ・ストリングス・バンド)
09. ダンディー(大野真澄)
10. ボーンフリー・スピリット(ロブバード)
11. ジェラシー(井上陽水)
12. 新しい空(小出正則)
13. あ・れ・か・ら(ヒロスケ)
14. タイム・トラベル(原田真二)
15. オリビアを聴きながら(杏里)
16. カリフォルニア・コネクション(水谷豊)
17. なぜか上海(井上陽水)
18. 流星(吉田拓郎)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015