ニュース

石野卓球がニュー・シングル「Rising Suns」をリリース!!

石野卓球   2004/01/15掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 昨年末にリリースした、岡村靖幸とのコラボレーション・ユニット“岡村と卓球”の最初で最後(?)な、官能的でエロティックなアルバム『The Album』(写真)にて、自身の“ニューウェイヴ魂”を多いに注ぎ込んだ、才人“石野卓球”。そんなアルバムを聴いて、やはり彼にはニュー・ウェイヴの香りが良く似合うと感じた方も多かったのではないかと思いますが、そんな彼が、今度は、待ちに待ったソロ・アーティストとして新曲をついにリリースすることになりました!

 「Rising Suns」という仮タイトルがついた約3年ぶりとなるニュー・シングル(KSCL-669\1,020(税込))は、現在までのところ、3月24日にはリリースされる予定となっており、全2曲が収録される予定とのこと。なんでも、表題曲は、タイトル通りに、太陽が昇るような、壮大かつアッパーなダンス・ナンバーに仕上がっているそうなので、これはファンならずとも、かなり期待大のはず。話によれば、フル・アルバムのリリースも近いとのことなので、今年は彼の動向に大いに注目すべき年となりそうです。なお、このシングルは、ソニー・ミュージックのCCCDである“レーベルゲートCD2”にてリリースされる予定ですので、ファンは覚悟の上でご購入のほどを。
続報
石野卓球のニュー・シングル、収録曲判明
詳しい収録曲が判明したので、お知らせを。事前のアナウンスでは“全2曲収録”とあったのですが、どうやら“全3曲収録”となるみたいです。

(01) ザ・ライジング・サンズ
(02) ヴァームレザレッテ
(03) エアヌー
[ 2004/01/16掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015