ニュース

ジェイムス・ベイ、フィニアスらを迎え制作した4年ぶりの新作『リープ』を発表

ジェイムス・ベイ   2022/05/13 13:04掲載
はてなブックマークに追加
ジェイムス・ベイ、フィニアスらを迎え制作した4年ぶりの新作『リープ』を発表
 英国ロンドン郊外出身のシンガー・ソングライター、ジェイムス・ベイ(James Bay)が、ビリー・アイリッシュの兄であるフィニアスや、ジョエル・リトル(ロードテイラー・スウィフト)、フォイ・ヴァンス(エド・シーラン)らをプロデューサーに迎え、ナッシュビルとロンドンで制作した4年ぶりの新作『リープ』を7月8日(金)に発表します。収録曲「ワン・ライフ」「ギヴ・ミー・ザ・リーズン」が公開されています。

 アルバム・タイトル『Leap』(跳ぶ)は、アルバム制作中に知ったアメリカの作家、ジョン・バロウズの「跳べば、網は現れる」という言葉からつけられたもの。ベイはこの言葉に大きな刺激を受けたと言います。「僕の人生で最も愛する人たち、本当に必要としているときに僕を支えてくれる人たちを祝福することに大いなる自由を感じることができた。彼らは僕に勇気を与え、挑戦する勇気を与えてくれるんだ。網が見えないとき、彼らは僕に跳ぶ勇気を与えてくれる」。

 制作は波乱に富んだものでした。「2019年当時、僕は本当に苦しんでいた。恐怖や不安、失いかけた自信などに対処するために、曲を書き始めた。これまでけっして分かち合いたくなかった、深いところにある感情について。しかし、それがどういうわけか、今まで作った中でもっとも希望に満ちた、高揚感のある音楽になったんだ」とベイは言います。アルバムが完成に近づいた頃には感染症が蔓延し、「僕にできることは、家にいて、さらに曲を書くことだけだった。その時、このアルバムが本当に形になり始めたんだ。もっとも暗い瞬間の中にさえ、光があることがわかったから」。そのような状況で悲しみと戦うことよりも受け入れることで、みずからの楽曲制作の幅を広げていく方法を身につけ、完成したのがこの新作です。




Photo by Julian Broad

ユニバーサル ミュージック
www.universal-music.co.jp/james-bay
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015