ニュース

ジェームス・イハ、初のソロ・ジャパン・ツアー決定。本人よりメッセージも到着。

ジェームス・イハ(James Iha)   2012/07/12 15:58掲載
はてなブックマークに追加
ジェームス・イハ、初のソロ・ジャパン・ツアー決定。本人よりメッセージも到着。
 1987年、スマッシング・パンプキンズ(Smashing Pumpkins)のギタリストとしてそのキャリアを開始し、2000年にバンドを脱退するまでに10枚のアルバムをリリースし、数百万枚のアルバム・セールスを記録。また1998年に初のソロ・アルバム『Let It Come Down』を発表。これまでのイメージと一線を画すナイーヴで温かく美しい作品は、当時のミュージック・シーンに衝撃を与え、ギタリストとしてだけでなく、シンガー・ソングライターとしての不動の人気を確立。今年3月、まさに14年ぶりとなる2ndソロ・アルバム『Look To The Sky』(ルック・トゥ・ザ・スカイ)を発表し、大好評を博しているジェームス・イハ(James Iha)が、<FUJI ROCK FESTIVAL 12>に次ぎ、自身初のソロ・ジャパン・ツアーを行なうことを本日発表しました。

 これまでにスマッシング・パンプキンズ、ア・パーフェクト・サークル(A Perfect Circle)ティンテッド・ウィンドウズ(Tinted Windows)のメンバーとしての来日公演や、今年の2月の<EMI ROCKS 2012>への二人編成のアコースティック・パフォーマンスも話題を呼んでいましたが、バンド・メンバーを従えてのソロ・ジャパン・ツアーは初めてということで、ファンならずとも期待が高まらずにはいられません。そして、待望の来日公演が決定したジェームス・イハから、日本のファンへ温かい、彼ならではのジョーク交じりのメッセージも到着しています。待望のライヴを目撃しましょう。

【James Ihaからのメッセージ】
日本のみんな、こんにちは。ジェームス・イハです。
日本に行くことになったよ…再び!初の日本でのソロ・ツアーに挑んでロックしに行くよ。
どんな内容になるかというと、僕の新作「Look To The Sky」からの楽曲をプレイしつつ、今はお笑いネタとジャグリングも練習しているので、音楽、ギャグ、そしてフルーツの破片が飛び散るショーになる予定。是非観に来てね!
…いや、真面目な話をすると、ヘッドライナーとして、日本を廻るのは、これが僕にとって初めてなので、本当にワクワクしているよ。
最高な日本のファンのみんなの前ではりきって演奏するね(ブルックリンから20人編成のバンドを連れて)!
みんなに会えることを本当に楽しみにしているよ。いつも温かい応援をありがとう。最高にロックするよ!
元気で。

<JAMES IHA JAPAN TOUR 2012>

[大阪]
●日程:9月24日(月)
●会場:梅田クラブクアトロ
●時間:開場18:00 / 開演19:00
●税込6,800円(前売り / ドリンク代別途)
Info: 06-6535-5569(SMASH WEST)

[東京]
●日程:9月26日(水)
●会場:渋谷クラブクアトロ
●時間:開場18:00 / 開演19:00
●税込6,800円(前売り / ドリンク代別途)
Info: 03-3444-6751(SMASH)

【アルバム情報】
※発売中
『Look To The Sky』

(TOCP-71265 税込2,500円)
日本盤のみボーナス・トラック2曲収録
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015