ニュース

ジャネール・モネイ主演映画『アンテベラム』ポスター・ヴィジュアル&場面写真公開

ジャネール・モネイ   2021/07/27 14:21掲載
はてなブックマークに追加
ジャネール・モネイ主演映画『アンテベラム』ポスター・ヴィジュアル&場面写真公開
 大反響を呼んだ『ゲット・アウト』、『アス』のプロデューサー、ショーン・マッキトリックが新たに放つパラドックス・スリラーが、『アンテベラム』という邦題で、2021年秋に東京・TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開することが決定。あわせて、ポスター・ヴィジュアルと場面写真が公開されています。

 本作は、公私共に順風満帆の日々を送っていた主人公ヴェロニカが、突如として奈落の底に突き落とされていく様を描きながら、誰もが意表を突かれる仕掛けが用意されています。それは外界と隔絶した極限状況下に囚われているエデンという女性をめぐるアナザーストーリー。とある広大なプランテーションの綿花畑で重労働を強いられているエデンは、あらゆる自由を剥奪された奴隷の身。理不尽な罠に絡め取られてしまうヴェロニカと、軍服姿の傲慢な白人に常に監視されているエデン。なぜ彼女たちは狙われ、監視され、捕らえられてしまったのか。彼女たちを脅かす正体とは何なのか。そして、パラドックスな迷宮のごとき映像世界の果てに、あらゆる思考が吹っ飛ぶ衝撃の“真実”とは―!?

 ロゴのデザインからしてミステリアスな雰囲気を放つ本作『アンテベラム』の主演を務めたのは、共に全米賞レースを沸かせた『ムーンライト』、『ドリーム』で絶賛を博したジャネール・モネイ。グラミー賞候補の常連シンガーでもある実力派女優が、恐怖のパラドックスからの脱出を図るヴェロニカとエデンをひとりで演じ分けました。そしてモネイを魅了したオリジナル脚本も手がけたジェラルド・ブッシュ、クリストファー・レンツは、異色の経歴を持つ新進気鋭の監督ユニット。人種差別問題などに関する公共広告やドキュメンタリーを製作してきた彼らが、今まさに超大国アメリカを揺るがしている人種や政治の分断というテーマをこのうえなく大胆にフィーチャーし、スリラー・ジャンルの常識をも破壊する問題作を完成させました。

 今回公開となったポスター・ヴィジュアルは、不安げな表情のジャネール・モネイの顔が黒背景の中央に大胆にレイアウトされたデザイン。その様子からは、暗闇の中に引きずり込まれながら彼女が我々に助けを求めているような感覚を受けますが、血が滴る不気味な蝶に口をふさがれ、まるで彼女の“言葉”が封じ込まれているようです。さらに「この悪夢は、本物」というコピーが一層の不気味さを放ち、スリラー映画ファンの期待を煽るようなヴィジュアルとなっています。

 また、本編より場面写真が公開。主人公ヴェロニカが何かにおびえる顔、そしてその背後からは何者かの手が今まさにヴェロニカの口を押さえようと忍び寄っている様子を捉えています。

拡大表示

©2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『アンテベラム』
2021年秋、東京 TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー
antebellum-movie.jp
配給: キノフィルムズ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015