ニュース

映画『アクアマン/失われた王国』、“辰年”公開に相応しい本ポスター&1分で分かる特別映像公開

ジェイソン・モモア   2023/12/01 12:19掲載
はてなブックマークに追加
映画『アクアマン/失われた王国』、“辰年”公開に相応しい本ポスター&1分で分かる特別映像公開
 2019年に公開され、全世界69ヵ国でNo.1。全世界興行収入も当時のワーナー・ブラザース映画の全作品において『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』に次ぐ歴代2位の記録を打ち立てる11億ドル越えのメガヒットを記録した『アクアマン』。監督はカーアクション・シリーズの中でも最大ヒットを記録した、ド派手とド迫力を追求したアクション超大作『ワイルド・スピードSKYMISSION』のジェームズ・ワン。これまで誰も目にしたことがなかった、海の世界のアトラクションと海中バトルが日本でも大絶賛され、興行収入16億3000万円、観客動員数111万人を超す大ヒットを記録しました。そして、待望の最新作『アクアマン/失われた王国』が、2024年“辰年”1月12日(金)に日本公開。この度、すべての海の生物を率いる海底アトランティスアクアマンの王、ユーモア溢れるが、シードラゴンのストームやタコ型の新相棒トポと海底に立つ“辰年”公開に相応しい本ポスター・ヴィジュアルが完成し、世界的メガヒットとなった前作『アクアマン』と新作の繋がりが1分で分かってしまう特別映像が公開されています。

 海底アトランティスの血を引く王、アクアマン(ジェイソン・モモア)。“オレ様”ワイルド系な荒くれ者かと思えば、ユーモアに溢れた“おふざけキャラ”な一面もあるなど、豪快で魅力的なキャラクターとして世界中で大ブレイク。5億の海の生物を従える能力に加え、時速160キロで泳ぎ、人間の150倍の力という規格外の能力を持つ彼が、本作では南極の氷河に眠る“失われた王国”の邪悪な力による、すべての海、そして人間界の存亡の危機に、海の仲間たち、大切な家族とともに総出で立ち向かいます。

 完成したポスターに描かれるのは多くの大型海洋生物に加え、海中を駆けるシードラゴンのストーム(左)とタコのようなビジュアルで底知れぬ能力を持つ頼もしい相棒トポ(右)。そして中央には、トライデントを構え堂々と佇むアクアマンの姿。海底アトランティスの王としての威厳が滲み出ており、危険度MAXの戦いに、ストームとトポをはじめとする海の仲間たちとどう共闘していくのか、見どころのひとつです。

 そしてあわせて公開となった特別映像では、そんなアクアマンが前作でいかにして“海の王”となったのか、さらに最新作で挑むさらなる脅威とのド派手バトルが1分に凝縮。アクアマンことアーサーは子供の頃から海の生物を従えることができる特別な能力の持ち主だった......。地上と人類の征服を狙い襲ってきた海底アトランティスのかつての王にして実の弟のオーム率いる巨大モンスター軍に立ち向かい、勝利を収めたアクアマンは、見事“海の王”となったのでした。そして最新作では、世界を滅亡させる古代兵器ブラック・トライデントとともに南極の氷河から甦る邪悪な海底王国に、以前は敵であったオームや家族、ストームやトポたち5億の海の仲間とともに立ち向かいます。ジェームズ・ワン監督が、舞台を海から陸・空にまでも広げ、前作超えのド派手とド迫力に追及し、まるでアトラクションに乗っているかのようなアドレナリンMAXの体感型・最強アトラクションに仕上げた本作。是非映画館で“アクアライド”してほしいところです。


© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC

『アクアマン/失われた王国』
2024年1月12日(金)より全国ロードショー
wwws.warnerbros.co.jp/aquaman
配給: ワーナー・ブラザース映画
吹替版同時上映 IMAX® 3D 4D3D ドルビーシネマ3D、ScreenX、2D
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015