ニュース

JAY'ED、1stアルバム発売を記念し、握手会&ミニ・ライヴを開催!

JAY'ED   2009/10/30 14:01掲載
はてなブックマークに追加
JAY’ED、1stアルバム発売を記念し、握手会&ミニ・ライヴを開催!
 JUJUとのコラボ曲「明日がくるなら」や、「au by KDDI」のCMソング「Everybody」で注目度急上昇! 2009年を代表するアーティストとなった、JAY'ED。待望の1stアルバム『MUSICATION』のリリースを記念して、そして日ごろ応援してくれているファンへの感謝の気持ちを直接伝えたい!ということで、10月28日のアルバム発売日に握手会&ミニ・ライヴを開催しました。

 会場には、たくさんのミュージケーター(音楽を通して、人とコミュニケーション・繋がりをもとうとするJAY'EDの提案に賛同してくれた人たち!)が集まり、握手会がスタート。少ない時間でのミュージケーターとのコミュニケーションも惜しまれながら終了すると、先着50名限定でのミニ・ライヴへ!

 改めてJAY'EDから「今回の企画は僕が思いついたのですが、自信作のアルバムが出て、来週からツアーが始まるのですが、ツアーが始まるその前に、みんなと話をする機会が欲しくて、スタッフにお願いしたんです」と今回の企画に対する思いを話し、「今日、お店を何店舗か見てきたんですが、どこも大きく展開してくれていて本当に感謝してます。それから、奇しくも尊敬するマイケル・ジャクソンのCDも同じ発売日で……買いたかったんですけど、我慢しました(笑)」という複雑な想いもあったとか……。「今日はアルバムを購入していただいて、ここに集まってくれてありがとう」と語ると、いざステージへ!

 「ずっと一緒」「最後の優しさ」にて、しっとりした雰囲気を作り上げると、最新シングル「Everybody」についてMC。「この曲は音楽によって人との繋がりが出来た、ということを歌いたくて、アルバムのタイトル“MUSICATION”の意味にも繋がってくるんです。今までいろんなことが長くは続かなかったけど、音楽の世界に入って苦しいこともたくさんあるけど、音楽によっていろんな人たちと出会い、いろんな仲間、いろんなアーティストと繋がっていって、音楽だけは続けたいと思ったんです。それで、こうやって皆さんとも出会えて、ライヴなどで会話をしてすごくパワーをもらっているので、これからもみなさんミュージケーターと音楽を通して繋がっていきたいです」。アルバムに込めた思いをしっかりと話し、最後の曲であることを告げると会場からは、残念がる声が……。

 「もう少し聴きたいですか? いいですかね?」とスタッフに確認、これまで座っていたお客さんを立たせると「Everybody」で会場を熱く盛り上げ、さらに予定にはなかった久保田利伸の「Missing」を披露! 会場からは盛大な拍手が巻き起こり、イベントは大盛況のうちに幕を下ろしました。

 その歌声や感性はもちろん、音楽に対する想いや、自身に関わる人たちへの感謝の気持ちと行動を忘れないという、真摯な姿勢を併せ持つJAY'ED。今後の活動にも期待です!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015