ニュース

ジョアンナ・ニューサム 最新EPはバンド・セットで登場

ジョアンナ・ニューサム   2007/04/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 この2月にレーベル・メイトであるスモッグ(ビル・キャラハン)とともに来日ツアーを行なったジョアンナ・ニューサムの最新EP「ザ・Ys・ストリート・バンド・EP」(PCD-4223 \1,785(税込))がリリースされます。日本では4月20日、アメリカでは5月5日の発売を予定しています。

 “トゥイスティッド・フォーク”とも評される独特の歌声でハープを弾き語る新世代の歌姫が、アルバム『Ys』リリース時期に行なったアメリカ・ツアーではバンド・セットでライヴを披露。その中でかなりの手ごたえを感じたというジョアンナが、観客なしでのライヴ・レコーディングを敢行したこのシングル。バンド編成による新曲に加えて、『Ys』と『ミルク・アイド・メンダー』収録曲が、新アレンジで再録音されています。繊細で甘いジョアンナの魅力に、バンド・サウンドの粗くラフな手触りと勢いが響きあうアレンジが楽しめます。


Joanna Newsom and the Ys Street Band EP
日本盤:2007年4月20日発売
PCD-4223 \1,785(税込)
US盤:2007年5月5日発売

「Colleen」
「Clam, Crab, Cockle, Cowrie(new version)」
「Cosmia (new version)」
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015