ニュース

ガーディナー、ドイツ・グラモフォン移籍第1弾は3度目の『バッハ:ヨハネ受難曲』

ジョン・エリオット・ガーディナー   2022/01/17 12:48掲載
はてなブックマークに追加
ガーディナー、ドイツ・グラモフォン移籍第1弾は3度目の『バッハ:ヨハネ受難曲』
 バッハ没後250年の2000年に欧米各地の教会でバッハの全教会カンタータを演奏するツアー〈バッハ巡礼〉を敢行し、カンタータ全集録音を達成したイギリスの指揮者サー・ジョン・エリオット・ガーディナー(John Eliot Gardiner)。ピリオド・アプローチによる演奏スタイルが高い評価を受け、現代最高のバッハ演奏家と言われる彼が、ドイツ・グラモフォン移籍第1弾として『バッハ:ヨハネ受難曲』を3月4日(金)に発表します。イエスの死の場面を描いたアリア「こと果たされぬ!」が先行配信中。

 この録音は、1986年のアルヒーフへの録音、2003年のSDG(Soli Deo Gloria)録音に続く、ガーディナーにとって3度目の『ヨハネ受難曲』で、2021年4月の聖金曜日に英オックスフォードのシェルドニアン劇場でイングリッシュ・バロック・ソロイスツモンテヴェルディ合唱団他と演奏され、インターネットを通して全世界にライヴ配信されたものです。

 ガーディナーは「ヨハネ受難曲は、驚くほどパワフルな音楽劇です」「当初はツアーで上演する予定でしたが、ロックダウンや海外渡航の制限により不可能となりました。バッハが生まれる以前からオックスフォード大学の世俗的な儀式が行われてきたシェルドニアンで、ソーシャル・ディスタンスをとりながら、この作品を演劇的に演出する革新的な方法で演奏できたことを嬉しく思っています。最近のワシントンでの出来事(注:2021年1月トランプ氏支持者による連邦議会襲撃のこと)を考えると、暴徒に支配されたときに何が起こるかを示す作品を上演することはタイムリーなことだと思いました。この物語は、その深い人間性において、あらゆる信仰を持つ人、持たない人に語りかけるものです」とコメントしています。


©Sim Canetty-Clarke

ユニバーサル ミュージック
universal-music.co.jp/john-eliot-gardiner
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015