ニュース

レディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッドが映画「ビューティフル・デイ」のサントラ集を発表

ジョニー・グリーンウッド(Jonny Greenwood)   2018/05/21 13:31掲載
はてなブックマークに追加
 レディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッド(Jonny Greenwood)が音楽を手がけた映画「ビューティフル・デイ(原題:You Were Never Really Here)」のオリジナル・サウンドトラックの日本盤(HSE-4634 2,400円 + 税)が、6月15日(金)にリリースされます。2017年の〈カンヌ国際映画祭〉にて、“男優賞”(ホアキン・フェニックス)と“脚本賞”(リン・ラムジー監督)をダブル受賞した「ビューティフル・デイ」は、6月1日(金)に新宿バルト9ほかで全国ロードショーされます。

 ジョニー・グリーンウッドの手がけたサウンドトラックには、ホアキン・フェニックス主演の映画『ザ・マスター』(2012年)でタッグを組んだロンドン・コンテンポラリー・オーケストラ(レディオヘッド『ア・ムーン・シェイプト・プール』、フランク・オーシャン『ブロンド』他)とチェリストのオリバー・コーツが参加。ギターと実験的なシンセサイザー、ドラムマシン、レコーダーを駆使した美しくも激情的な全14曲を収録しています。

 ジョニー・グリーンウッドはこれまでに〈グラミー賞〉“最優秀映画サウンドトラック賞”にノミネートされた映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007年)や、〈アカデミー賞〉“作曲賞”にノミネートされた映画「ファントム・スレッド」など、多くのサウンドトラックを手がけており、ラムジー監督の前作『少年は残酷な弓を射る』にも音楽を提供しています。なお、レディオヘッドは7月から6月にかけて北米ツアーを予定しています。



■2018年6月15日(金)発売
ジョニー・グリーンウッド
ビューティフル・デイ - オリジナル・サウンドトラック

HSE-4634 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Tree Synthesisers
02. Sandy's Necklace
03. Nausea
04. Hammer and Tape
05. Brothel(Bass Clarinet)
06. The Hunt
07. Dark Streets
08. YWNRH
09. Nina Through Glass
10. Votto
11. Dark Streets(Reprise)
12. Downstairs
13. Joe's Drive
14. Tree Strings
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015