ニュース

KANA-BOON 、東京ワンマン大盛況! 1stアルバム、オリコンウィークリーチャート初登場3位!

KANA-BOON   2013/11/06 15:25掲載
はてなブックマークに追加
KANA-BOON 、東京ワンマン大盛況! 1stアルバム、オリコンウィークリーチャート初登場3位!
 11月4日(月・休)渋谷CLUB QUATTROにて、KANA-BOONがワンマンライヴ〈僕がステージに立ったら〉を開催。チケットは一般発売と共に即ソールドアウト。争奪戦の末、抽選で運良く当選したファンが、会場を埋め尽くしました。

 ライヴは、KANA-BOONがこれまでにリリースした初の全国流通盤『僕がCDを出したら』、メジャー・デビュー・シングル「盛者必衰の理、お断り」、そして、1stフル・アルバム『DOPPEL』という3作品の収録曲を全曲披露。11月15日(金)には、大阪・心斎橋BIG CATにてライヴを控えているため、詳細はお楽しみですが、KANA-BOONとして実質初のワンマン・ライヴ、夏フェスで各所を熱狂の渦に巻き込んだ彼らのパフォーマンスが、約2時間に及ぶセットリストで披露された。会場内は、ステージ上のメンバーと、ファンの熱気と笑顔と感動で溢れ、今のKANA-BOONと、未来への期待が満載に詰まった大盛況のワンマンライヴだった。来週15日(金)の大阪公演にも期待が高まります。

 また、先週発売した1stフル・アルバム『DOPPEL』は、オリコンウィークリーチャート初登場3位(11月11日付)を記録。今、最も注目を集める新人バンドと言っても過言ではない、KANA-BOON。破竹の勢いでロックシーンをかけぬけている彼らの今後の動きからますます目が離せません。

※発売中
KANA-BOON
『DOPPEL』

KSCL-2315 税込2,800円

[収録曲]
01. 1.2. step to you
02. ワールド
03. ウォーリーヒーロー
04. MUSiC
05. 東京
06. 白夜
07. 目と目と目と目
08. 盛者必衰の理、お断り
09. 夜をこえて
10. 羽虫と自販機
11. A.oh!!<Bonus Track?> 
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015