ニュース

パーカッショニストの加藤訓子、全パートを自身で多重録音したライヒの「ドラミング」をリリース

加藤訓子   2018/09/18 13:05掲載
はてなブックマークに追加
 昨年リリースしたアルバム『BACH』が英リン・レコーズ(Linn Records)の年間ベスト・セリング・アルバムに輝き、日本では〈第10回CDショップ大賞2018〉の“クラシック賞”を受賞するなど、日本を代表するパーカッショニストとして国内外で活動する加藤訓子が、全パートを自身の演奏で多重録音した新作アルバム『スティーヴ・ライヒ: ドラミング』(CKD-613S オープン価格)を10月12日(金)に全世界同時リリース。11月8日(木)には、東京・赤坂 サントリーホール ブルーローズで本作のグローバル・リリースを記念した東京公演を開催します。

 欧州時代にダンス・カンパニー“ローザス”のワールド・ツアーに参加し、アンサンブル・イクトゥスとも数多くのライヴを重ねてきた加藤。本作では、パーカッション(ボンゴ、マリンバ、グロッケンシュピール)、ヴォイス、ピッコロ、口笛の計12パートすべてを自身の演奏で多重録音し、「ドラミング」の持つ最上のディテールを紡ぎ出すことに挑んでいます。

 ライヒ自身も加藤の作品に対し、「一人の奏者が全パートを演奏した初めての録音作品。結果、最上のディテールとともに驚くべき明晰さで捉えている。おおいなる喜びの発見である」と絶賛。加藤による「ドラミング」ソロ・オーバーダブでのアルバムとそのライヴ版は、作曲家と出版社(Boosey & Hawkes)が正式許諾した世界初のソロ・ヴァージョンです。

■2018年10月12日(金)発売
加藤訓子
スティーヴ・ライヒ: ドラミング

CKD-613S オープン価格

[収録曲]
01. ライヒ: ドラミング

[演奏]
加藤訓子(Perc,vo,picc,口笛)


加藤訓子「ドラミング」スティーヴ・ライヒ
2018年11月8日(木)
東京 赤坂 サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
開演 19:00
出演: 加藤訓子(perc)
曲目: スティーヴ・ライヒ「ドラミング」
チケット料金: 指定6,000円 / 学生3,000円

www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20181108_S_3.html
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015