ニュース

映画『DC がんばれ!スーパーペット』、キアヌ・リーブスがバットマン役を務めた特別予告映像公開

キアヌ・リーヴス   2022/08/05 13:28掲載
はてなブックマークに追加
映画『DC がんばれ!スーパーペット』、キアヌ・リーブスがバットマン役を務めた特別予告映像公開
 いつも喧嘩が絶えない愛すべき猫とねずみのドタバタコンビを描く『トムとジェリー』をはじめ、世界中で時代を超えて愛される人気キャラクター、数多くの名作アニメーションを生み出してきたWAG(ワーナー・アニメーション・グループ)より、この夏、新たな愛すべき動物キャラクターたちが誕生。人間が知らない間に突然“スーパーパワーを手に入れてしまった、ちょっとドジなペットたち”の未知なる大冒険を描く最新作『DC がんばれ!スーパーペット』(原題: DC League of Super-Pets)が、8月26日(金)に全国公開。この度、キアヌ・リーブスがバットマン役を務めた「バットマン&エース」の特別予告映像が公開されました。

 日本語吹替版も松岡茉優松尾駿チョコレート・プラネット)、さらに市川ぼたんが務めることとなり、ますます話題の本作。オリジナル版の吹替でも、飼い主で相棒のスーパーマンが大好きで、“空飛ぶスーパードッグ”クリプトにドウェイン・ジョンソン(日本語吹替版では楠大典)、さらに、クールでちょっとマヌケで“無敵バリアドッグ”エース役にケビン・ハート(日本語吹替版では高木渉)、そして、エースと絆を深めるいわずと知れた世界的スーパーヒーロー・バットマン役をキアヌ・リーブスが務めるなど字幕版も超豪華。過去に“バットマン役”を演じた錚々たるレジェンドたちにDC初参戦のキアヌは初めて名を連ねることとなります。

 また、日本国内でもそんな彼らの吹替を楽しむことができる通常の字幕版の他、映像と音響のパワフルな技術と卓越したシアターデザインが組み合わさった“Dolby Cinema™(ドルビーシネマ)字幕版”での上映も決定しました。Dolby Cinema™字幕版の上映劇場は公式サイトをご確認ください。

 そして、今回、大ヒットを記念し、キアヌ・リーブスがバットマンの声を務めた今までの予告とは全く雰囲気が違う「バットマン&エース」の特別予告映像が公開。この特別映像では、これまでに公開となっている映像とはガラッと雰囲気の違う、まさに“ゴッサムシティ”とも言える景観が映し出され、無敵バリアドッグ・エースとバットマンとのコミカルな会話が描かれています。まるで他の映画と見間違える程、影を基調としたダークでアメコミ風のスタイリッシュなカットに加え、まさにバットマンなマントを広げ空を飛ぶエースや1989年版バットマンを彷彿とさせるデザインのバットモービルも登場。ラストには、スーパーマンが持つ“ピーピー・ブルース”(バットマン人形)に喜ぶペットの空飛ぶスーパードッグ・クリプトに、あの寡黙なバットマンが鋭く突っ込むなど、これまでに見ることのできなかったシーン満載のファンの心くすぐる映像となっています。

 また、本作はスーパーマン、バットマンはもちろん、アクアマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、グリーン・ランタンなど実写版映画シリーズでも揃ったことがないジャスティス・リーグのDCスーパーヒーローたちがフルメンバーで登場するのも見どころのひとつです。初めてバットマンを演じたキアヌ・リーブスについて制作陣は、「苦悩を抱えるバットマンにぴったりなリズム感とコメディ要素を与えてくれた」と絶賛しており、本作のメガホンをとったジャレッド・スターン監督(『レゴバットマン ザ・ムービー』[2017 / 脚本])は、重ねて「キアヌ・リーブス?最高だよ!それにジャスティス・リーグの役を演じた全員もそうだ。『なんてこった!』と思ったよ」と喜びを爆発。キアヌ自身も2014年の米メディアのインタビューで「ずっとバットマンをやってみたかった」と語っており、念願が叶った形となりました。


© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC

『DC がんばれ!スーパーペット』
2022年8月26日(金)より全国ロードショー
superpet-movie.jp
配給: ワーナー・ブラザース映画
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015