ニュース

ジャパニーズ・プログレのKENSO、4年ぶりの新作

ケンソー   2006/08/17掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本のプログレッシヴ・ロック・シーンで高い評価を得ているKENSOが、『天鷺絨症綺譚(びろうどしょうきたん)』(写真・2002年)以来4年ぶりとなる新作をリリースすることになりました。タイトルは『うつろいゆくもの』(KICS-1269 税込\3,000)。発売は9月21日の予定です。

 清水義央(ギター)を中心に、ジャズやクラシックはもちろん古楽からワールド・ミュージックまで、さまざまな音楽的要素を咀嚼して作り上げるそのサウンドは、結成から30年以上を経てなお、新鮮な響きに満ちています。今作では清水以外のメンバーも、全員が曲作りを行なったとのことで、さらなるサウンドの広がりが期待できるかもしれません。プログレ・ファンはお楽しみに。

 なお、彼らは10月22日に川崎・クラブチッタでアルバム発売記念ライヴを行なうことが決定済み。同時期にはDVDもリリースされるとのことです。


●『うつろいゆくもの』収録予定曲
01. 痛ましき晦冥 (かいめい)
02. あの頃モビーディックと
03. そこはまあそこはかとなく
04. Rhymestone in Cotswolds
05. ウブド寝入りばな幻聴
06. シヅカへの扉
07. 木霊の舞う情景
08. A Single Moment Of Life
09. GOS
10. わくわくリーバレー
11. 蠱惑島に歌は
12. 三つ縄6/8
13. 風の中の菲林
14. 暁に楽師が
15. コドン1
16. コドン2
17. コドン3
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015